終の信託

終末医療に鋭く切り込んだ意欲作

原題:終の信託
製作:日本(2012年)
日本公開日:2012年10月27日
上映時間:144分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

周防正行監督が、現役弁護士・朔立木の小説「終(つい)の信託」を自ら脚本化し、終末医療を題材に描くヒューマンドラマ。不倫関係にあった同僚の高井から捨てられ、失意のどん底にいた医師の折井綾乃は、重度のぜん息で入退院を繰り返す患者の江木秦三の優しさに触れ、次第に心の傷が癒されていく。綾乃と秦三は医師と患者という関係を超えて強い絆で結ばれていくが、秦三の病状は悪化し、心肺停止状態に陥ってしまう。自らの死期を悟っていた秦三に、「もしもの時は早く楽にしてほしい」と頼まれていた綾乃は、ある決断を下すが…。

★【スタッフ】
監督:周防正行
脚本:周防正行
撮影:寺田緑郎
音楽:周防義和

★【キャスト】
草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、細田よしひこ

【無料動画】

終の信託 (プレビュー)

終の信託 (プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月12日) 
本作は川崎協同病院事件がベースで、いわゆる長期間病に苦しむ患者の尊厳死、安楽死がテーマとなっている。しかしながら、論点にあたっては死人に口なしという言葉があるようにこの辺りは紛れもなくグレーゾーンで、判断が非常に難しい。2時間20分はやや長すぎた嫌いもあるが、終盤の大沢たかお扮する検察官に追い詰められていく中で、医者から女に変わっていく草刈の演技は圧巻。テーマのヘビーさにうろたえず、ぜひ鑑賞してほしい一作として強く推薦したい。
名無しさん(2016年1月22日) 
医療と殺人についての永遠のテーマ。題材はそうとう大変だったと思う。プライバシーの関係で、実際の重度の喘息患者は取材ができなかったとのことで苦労も聞かれる。それでも製作する価値はあっただろう。医師が監修に入り、生々しいまでに役を演じきった。役所広司の演技が素晴らしい。私たちは、大切な人の死や、自分の死と、どのように向き合うべきなのか。伝えたいメッセージがはっきりと存在し、映画という媒体を通じて、それが明確に純化されて濃密に迫ってくる。