コインロッカーの女

捨てられた女の宿命

韓国・仁川の暗黒街で生きる女たちの愛憎を描いたサスペンスドラマ。生まれた直後に地下鉄のコインロッカーに捨てられた女の子の赤ん坊。イリョンと名づけられた彼女は、仁川のチャイナタウンで闇貸金業を営む「母さん」に育てられる。やがて成長し組織の一員として働くようになったイリョンは、一切の感情を捨てて命令を忠実に実行するだけの日々を送っていた。そんなある日、父の借金を背負わされた青年ソッキョンの元へ取り立てに行ったイリョンは、不幸な身の上でも前向きに生きようとするソッキョンに惹かれてしまう。

原題:Coin Locker Girl / 製作:韓国(2015年) / 日本公開日:2016年2月16日 / 上映時間:111分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

コインロッカーの女

コインロッカーの女

Ⓒ 2015 CJ CGV Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ハン・ジュニ
脚本:ハン・ジュニ
撮影:イ・チャンジェ

★【キャスト】
キム・ヘス、キム・ゴウン、パク・ボゴム、コ・ギョンピョ

★【感想・批評】

●映画フリー 
邦題が「コインロッカーの女」というホラーみたいなタイトルですけど、監督が刺激的娯楽作品とコメントしているとおり、割とすんなり楽しめる映画だったと思います。残酷な闇社会で悲惨な運命に虚しく翻弄されつつ、どこかほんわりと人間の温かみを感じさせる、この両面性はなんなのでしょうか。ほんとに韓国映画はこういうのに対しては右に出る者がいないなと。全てが崩れていくなかに大切なものがある。魅入りました。
●映画FUN
意外にも観終わったらじんわりと感動できる映画で、良かったです。謎めいた邦題に対しての意外な感想というか印象を与えるストーリー運びでした。なぜこんな名称にしたのでしょうか。韓国ノワールの傑作で、老若男女を問わず、本作に刻み込まれた様々な社会の闇が、深く心に突き刺さるものがあるはずです。仕方がないなんて言葉では片づけてほしくないのですが、それでもこの稚拙とは言えない緻密なドラマに思わず目を開かされました。
●BILIBILI  
この映画は私のために見るのが難しかった。特に1つのシーンは非常に残酷で血まみれなので、私は止めて休憩を取って続ける必要がありました。私はまだ私のために良い映画の兆候である映画について考えており、英語の翻訳だけでは理解が難しいので、英語を話す韓国人と話したいと思うでしょう。ダークサイドに向かう女の子についての暗い精神病の乱暴な映画です。それが光を照らすものではないので、観た後の心の休まりを保証するものはない。
●DAILYMOTION
実際にはキャラクターではなく、環境と親が子供の中でどのように大きな要因を果たすことができるのです。コインロッカーに始まりコインロッカーに終わる。なかなか母の愛は伝わらないものなか。それにしても酷いものであったが、苦しい姿は見ていると辛くなる。フィクションなのに。「そこまでする必要があるのか」答えは家族だからであり、他に明解な答えはない。それを開ければそこには秘密が隠れているので、鍵は無くしておいた方がいい。