軽蔑(2011)

軽蔑

芥川賞作家・中上健次の遺作長編小説を映画化

芥川賞作家・中上健次の遺作長編小説を、高良健吾と鈴木杏のダブル主演で映画化。東京で賭博に明け暮れる日々をおくっていた名家出身のカズは、新宿歌舞伎町で働くポールダンサーの真知子と熱烈な恋に落ちる。2人はカズの故郷で新生活を始めるが、カズの父親をはじめ周囲は2人の関係を認めなかった。やがて真知子は東京へ戻り、自暴自棄におちいったカズは、借金にまみれながら賭博で身を滅ぼしていく。

原題:軽蔑 / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年6月4日 / 上映時間:136分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画【軽蔑】予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:廣木隆一
脚本:奥寺佐渡子
撮影:鍋島淳裕

★【キャスト】
高良健吾、鈴木杏、大森南朋、忍成修吾、村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、日向寺雅人、蕨野友也

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
ストーリーは単純なんだけどなんか引き込まれる。すごくリアル。カメラの動き、アングル、長回し、音楽、役者、すべてが完全に廣木監督のそれでした。鈴木杏ちゃんも途中から寺島しのぶに見えてきました。監督の作品は面白いのと駄作が割とはっきりでると思います。これは中間でしょうか?いい演出もありましたが、退屈な場面もありました。でも大手映画でキャストも人気どころ、こんな環境でも自分のスタイルで作れる監督は賞賛すべきだ。
●映画FUN  
初っ端から大胆なシーンの連続でびっくりしました。他にも心に残る場面が、二人が初めて旅館に泊った夜、杏ちゃんが熱を出してしまうんです。その時メロンをスプーンが無かったので手で食べさせてあげるんですがこのシーンとってもドキドキ。脇を固める大森南朋、緑魔子もこの人にしか出来ないと思える程絶妙なキャスティング。音楽もすばらしいです。テレビの延長のような映画ばかりがヒットする中、こんな真の映画らしいものもあるなんて。
●BILIBILI 
主演が違っていたら映画の色も雰囲気も脚本も演出も何もかも別の映画になっていたんじゃないかなと思う。そのくらいに情熱が伝わった。廣木監督は、キューブリックを巧みにリスペクトしながらも、若い男女の揺れ動く心、壊れそうな男女の関係を華麗に描く手法としてステディカムと対極のハンディカメラ撮影を敢えてダブルチョイスしているのは、さすがにあっぱれと言いたくなる。ヒリヒリした痛みを感じさせる一途な純愛を描いた佳作である。
●VIDEOEYNY
俗に言う「底辺」の人間同士のラブストーリーは、ある意味とてもロマンチックで甘美な世界がある。だたこれは本当の意味では社会の片隅にいる持たざる者というものではないだろう。軽蔑する意味では、社会的な立ち位置ではなく、行動に由来するものではないか。「世界は二人を、愛さなかった」の世界観をどこまでエンジョイできるのかがカギになる。男目線な野生的な描写で描くエグさもなかなかないだろうという新鮮さも美しい映像に華を添える。