ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

恋するために僕たちは出会った

七月隆文の同名ベストセラー小説を実写映画化したファンタジックラブストーリー。「僕等がいた」「アオハライド」など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督と脚本家の吉田智子が再タッグを組み、京都の風光明媚な景色を背景に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。美大生の高寿は、通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。勇気を出して声を掛け、会う約束を取りつけようとする高寿だったが、愛美はなぜか泣き出してしまう。意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめるが、そんなある日、高寿は愛美から信じられないような秘密を明かされる。

原題:ぼくは明日、昨日のきみとデートする / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年12月17日 / 上映時間:111分 / 製作会社: / 配給:東宝

【無料動画】

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』映画オリジナル予告編

(C)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

普通の青春映画もいいですが少し特殊な設定が印象に残るユニークな作品も新鮮で楽しいものです。そんなときは動画配信サービスを使ってお得に鑑賞してみましょう。例えば、家にテレビやパソコンがない人も最近は増えてきましたが、このサービスはスマホでも見れるので便利です。AndroidやiPhoneなど持っている機種に対応しているので安心です。また、ダウンロード機能で外出先でも通信制限をスルーして鑑賞できるのも嬉しいです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:三木孝浩(関連作品:『青空エール』)
脚本:吉田智子
撮影:山田康介
音楽:松谷卓

★【キャスト】
福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大

★【インタビュー】
・福士蒼汰「名前を呼び合うシーンとか、ドキッとしました」
・小松菜奈「監督が一番乙女で、女の子に対してはこうあってほしいというのがあって、私もなるほど!勉強になりますって感じでした」

★【雑学(トリビア)】
・2016年5月には原作小説の発行部数が100万部を超えたと発表された。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.04.05/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
原作越えしてるといっても過言ではないです。奇跡の出来です。邦画の恋愛映画の中ではもうダントツと言っていいくらい好きです。「あなたにやっと、たどり着いた」。原作にはないこの台詞が胸を突きました…! お話はSFの要素があるので少し最初は難しいですが、これが物語の進行に合わせてどんどん噛み合っていくともう最高で。主演の2人の組み合わせがもう最高! キラキラしています。お腹いっぱいになりました。
●映画フリー
小松菜奈ちゃんがとてもかわいくて、好きで、彼女の気持ちを想像して前半部分を思うととても切なかった…。設定は難しそうに見えると思うので、どうしてもわからないのなら2回目の鑑賞もいいと思います。印象が変わると想いますから。切ないストーリーといってしまえばそれまでですが、あとは感性に任せて何かを感じればいいみたいな余白の多い物語でした。とても読んでいくことが求められるのではないでしょうか。
●BILIBILI 
絶対に2度観た方が感動できます! なんだったら3度目も! こんなに感動して泣けた映画初めてです! まさかそんなことになるとは…。意味が全部繋がった瞬間から涙が止まらない。特にラスト30分泣けない時がない。設定上、片方は最初でもう片方は最後。1人は思い出や記憶を作りながらもう1人はそれを忘れていく。かなり難しい設定だったが見ていて気になるところも特になくちゃんと結末まで一気に楽しめました。