トガニ 幼き瞳の告発

トガニ 幼き瞳の告発

この子たちの未来のために、行動する

韓国のある聴覚障害者学校で実際に起こった性的虐待事件を映画化し、韓国社会に波紋を起こしたサスペンスドラマ。郊外の学校に赴任した美術教師のイノは、寮の指導教員が女子生徒に体罰を加えている現場を目撃する。やがて、その女子生徒が校長を含む複数の教員から性的虐待を受けていることを知ったイノは、その事実を告発し、子どもたちとともに法廷に立つ決意を固めるが…。

原題:Do-ga-ni / 製作:韓国(2011年) / 日本公開日:2012年8月4日 / 上映時間:125分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ファン・ドンヒョク
脚本:ファン・ドンヒョク
音楽:モグ

★【キャスト】
コン・ユ、チョン・ユミ、キム・ヒョンス、チョン・インソ、ペク・スンファン

【無料動画】

『トガニ 幼き瞳の告発』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地
主人公は聴覚障がい者の学園に美術の先生として赴任してきたが、そこでは立場や地位が高い事を利用し、言葉の喋れない児童に性的暴行を繰り返す職員らの存在があった。なんとかその非道を止めようとするが…という話。実話である。その事実にただただ無力感に襲われる。救いなのは、この映画がきっかけで世間がこの事件を知り、また裁判が行われ、有罪になったということだ。逆に本作がなかったらと思うと、ゾッとする。映画の力は侮れない。
●映画FUN 
こんなにも観てて苦しく辛い映画は初めて。声を上げられない弱者を利用する汚い大人と、その権力に追従して正義が捻じ曲げられる世界が、本当に許せない。弱者はそうやって泣き寝入りするしかないのか。子供達が暴行を受けていたという事実の再現だけでもみてて辛いのに、周りの大人の非協力的な態度、見苦しい責任逃れ等みていてとても不快だったし、腹立たしかった…。後味も決して良いものではないし、むしろバッドエンド。それでも観てほしい。
●BILIBILI
韓国で実際に起きた障がい者施設での教師による生徒への性的暴行事件を映画化した作品。映画ではどの程度の脚色がなされているかはわからないが、事実ならおぞましく、哀しい事件である。この映画が韓国で上映されたのは、いくつかの係争は続いていたものの、加害者の中には復職をしていた人もいた時期らしい。世間の関心も薄れ、司法が加害者を裁いていないこの時期に、よくこんな告発映画を作ったところに、製作者の正義がうかがえる。
●STREAMIN 
子役の演技もすごい。大人も素晴らしい熱演だが、子役はもはや演技のレベルを超えている。ちょっと怖いくらい、自然だ。一応、配慮しながら子役が感情移入しないように、感情とかは伝えずに行動だけを指示してやったらしいけど、にしてもとんでもない演技だった。映画公開後元になった事件の再捜査が行われて判決が覆り、新たな法も出来たそうですが、公開されなければ事件は闇に埋もれたままだったはず。まだまだこういった事件が沢山あるのかな。

★【おすすめの関連作】
・『新感染 ファイナル・エクスプレス