ハンコック

ハンコック

ウィル・スミス、スーパーヒーロー始めました

ウィル・スミスが嫌われ者のヒーローに扮したアクションコメディ。圧倒的なパワーで人々を救うスーパーヒーローのハンコックは、暴走しすぎて市民から大ブーイングを受けてしまう。そんなある日、ハンコックは偶然にも命を救ったPRマンのレイの提案で“皆から愛されるヒーロー”を目指すことになるが…。

原題:Hancock / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開日:2008年8月30日 / 上映時間:92分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ハンコック – 予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ピーター・バーグ
脚本:ビンセント・ノー、ビンス・ギリガン
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:ジョン・パウエル

★【キャスト】
ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン、ジェイ・ヘッド、エディ・マーサン、トーマス・レノン、ジョニー・ガレッキ、ダエグ・フェアーク

★【感想・批評】

●映画フリー 
アクションが派手過ぎなので、ちょとひいてしまうがそれ以外は基本的に良くできている。伏線と解決のタイミングがあまりよいとはいえないので、つながりはあまりうまくないかもしれません。それを除けば、普通に楽しめる映画です。途中で「えッ、そうくるの!」とびっくり。ストーリーの急展開が意外性に満ちていて爽快でした。しかも、その展開によってハンコックという存在の説明に一気にかたをつけていくのですから、シナリオに敬服しました。
●無料ホームシアター
展開の面白さに加えて、どったんばったんと映像的にも見せてくれますし、飽きることなく楽しめます。いろいろ評価はあるみたいですが、決して駄作ではないです。ウィル・スミスはベストなはまり役だし、シャーリーズ・セロンの少し熟した美しさにもやられ気味になってしまうのも無理ない。これは結構賛否が別れるのはストーリー運びの問題ですよね。シンプルに見えて、「まさかそれはないだろう」という度肝を抜いてくるので。そこもお楽しみに。
●SPACEMOV 
空中アクション、カーアクション、銃撃戦!超ど派手なアクション映画といえる。特に後半のシャリーズセロンの正体が判ってからのスピーディな展開には満足できた。個人的にはシャリーズセロン主演で「レディ・ハンコック」でも作って欲しいくらいです。なんか物理的に変だなって感じちゃうところもあったけどスピード感あり、映像もきれいで楽しめました。好きでした。スピード感があってコメディチックな展開の仕方ですけどそれはそれで。
●STREAMANGO 
スーパーヒーロー作品の中でも珍しいストーリーで今観てもユニーク。底抜けに明るいスーパー・ヒーローものではない、予想外のラスト。強大な力を持て余す不器用な感じと、そのコントロールに振り回され、社会に見下される切ない男。それが散々踏みにじられるさまは超人というよりは異常者。世界はそういうオカシイ奴に対して冷たい。だから意外とリアル。それにしても今作は吹き替えで見てはいけない。この声を選んだ人は呪われるべき。