ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド

世界が心を躍らせた!アカデミー賞で多数を受賞!

デイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いた本格ミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。夢を追いかける人が集まる街、ロサンゼルス。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。その後、ミアは偶然にも、プールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会を果たす。初めての会話でぶつかりあうミアとセバスチャンだったが、互いの才能に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。しかし、そんな二人の関係にも不協和音が…。

原題:La La Land / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年2月24日 / 上映時間:128分 / 製作会社:Black Label Media、Gilbert Films / 配給:ギャガ、ポニーキャニオン / 製作費:3000万ドル / 興行収入:3億3900万ドル

【無料動画】

「ラ・ラ・ランド」本予告
Go Behind the Scenes of La La Land (2016)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

現実から跳躍したファンタジーでロマンチックな世界に音楽と共にいざなってくれるミュージカルは観客の心をつかんで離しません。そんな話題の作品を観たいときは、動画配信サービスを使ってお得に見ましょう。ジャンルによっては音質のいい状態や大画面で観たいときもあります。そんな場合でもこのサービスならしっかり対応可能。DVDと遜色のないハイクオリティな映像で、字幕や吹き替えどちらでも見られるサービスもあるので便利です。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ラ・ラ・ランド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『ラ・ラ・ランド』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:デイミアン・チャゼル(関連作品:『セッション』)
脚本:デイミアン・チャゼル
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

★【キャスト】
ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、J・K・シモンズ、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリー・デウィット、フィン・ウィットロック

★【インタビュー】
・ライアン・ゴズリング「ピアノのシーンはすべて自分で弾いたよ。デイミアンが3か月のリハーサル期間を設けてくれて、僕のピアノレッスンは週5~6日だった。1日最低2時間のレッスンを3か月間続けたんだ。でもそれ以外にも、ヒマがあるときは常に練習したね」

★【雑学(トリビア)】
・第89回アカデミー賞ではアカデミー史上最多14ノミネートという快挙を遂げた。これは1997年の『タイタニック』に並ぶ記録である。
・第89回アカデミー賞の作品賞発表で『ラ・ラ・ランド』が受賞と始めに発表されたが、ミスとわかりすぐに訂正された(実際の作品賞受賞は『ムーンライト』)。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.1/1096%93
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.04.03/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
第89回アカデミー賞で監督賞、主演女優賞、美術賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞を受賞。
第74回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)、最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)、最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル)、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀作曲賞、最優秀主題歌賞を受賞。
第73回ベネチア国際映画祭でボルピ杯(最優秀女優賞)を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
なにより肝心のミュージカルは楽しいものもあれば、切ないものもあって、終始、最高。最初の高速道路のオープニングはどうやって撮ったのだろうと不思議なくらいの完成度。通行止めにしている短い時間でほぼ計算しつくされたパフォーマンスを見せなければいけないプレッシャーは大変だったでしょう。そこから間のエピソードで定番的な歌と踊りを挟みつつ、一番はとくにエピローグ。ここでそういうオチかと、一気に物語の渦に飲み込まれました!
●映画フリー
オープニングから全開される「ラ・ラ・ランド」のどこか現世から浮き上がった世界観が独創的。愉快なだけじゃない、夢の切実さが響いてきます。一般的なミュージカルとは明らかに異質。単なる夢物語ではない、むしろ厳しい現実を描くので、純粋にロマンチックな映画というわけではないのが重要。二人だけの世界の一種の狂気を描いていると解釈すれば、監督の前作「セッション」と同じ空気感といえる。あの俳優も登場しているのは、お遊びかな。