劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子

スクリーンに広がる、銀河機攻隊の新世界

2013年に全24話が放送されたオリジナルSFロボットアニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」の劇場版。宇宙に進出した人類と、汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力「ウルガル」との戦いを描く。遺伝子操作で戦闘に特化した人種を作り出す「MJP計画」によって生み出されたヒタチ・イズルら少年少女5人組「チームラビッツ」は、最新鋭の戦闘デバイス「AHSMB(アッシュ)」を駆使してウルガルの部隊を退けたが、その戦闘でイズルは昏睡状態に。仲間たちがイズルの回復を待つ中、ウルガルの皇族の遺伝子を持つディオルナが現れ、残存部隊を統率して地球へ侵攻してくる。イズルの分まで戦うことを誓った仲間たちは、新型アッシュを駆って最後の戦いに臨む。

原題:劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月4日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:元永慶太郎
脚本:宍戸義孝
キャラクターデザイン:平井久司
音楽:渡辺俊幸

★【キャスト】
浅沼晋太郎、日笠陽子、井口裕香、池田純矢、渡辺明乃、沢城みゆき、伊藤静、東地宏樹

【無料動画】

11/4(金)公開『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年12月10日) 
本編で覚醒しなかった4機が一気に開花!そして新機体。ぐりぐり動くアッシュ、CGアニメならではのカメラワーク、乱戦、混戦。そしてズバリなタイミングで入る挿入歌。そうそう、ロボットアニメの劇場版はこれでいいんだよ。いや、これがいい。しかしながらTVアニメからでもブレないザンネン5のやり取りでマジェスティックプリンスらしさは損なわず。必要以上にシリアスもいれず。熱いロボットアニメを見れたことに大満足でした。かなり映画の内容が心配で心配で。見続けていたファンにとっては、新キャラや新メカが見たいのではなく、あの世界のあのキャラクターたちがあのままで息づく様子。けれども杞憂でした。アニメの延長のままが描かれており、ファンにとっては嬉しい限り!王道な演出ですがそこがいい。イズルが復活するシーンもケイの極甘ケーキのおかげだったり、シモン司令との遺伝子上の親子関係もベタベタしすぎず、あんまり突き詰めすぎないゆる~いストーリー展開もよかった!
名無しさん(2016年12月16日) 
TVアニメ終了直後から始まるストーリー。ですから冒頭はアニメ最終戦のジアートから始まります。ゲートは破壊。敵はもう来ない。でも残存部隊がいる。その部隊の中に隊長格が一人。隊長格率いる敵が地球に侵攻。それを食い止めるのが今作の話。とにかくやりたいことをすべて注ぎ込んだという印象。主人公たちの覚醒。死んだはずの仲間の復活? 新メンバー。新兵器。仲間みんなで協力するバトル。短い尺の中でこれでもかというオンパレード。しかしそれがワガママにならず、ちゃんとストーリーの中に収まり、まとまっていました。バトルにしても緊張と緩和、そして怒涛と。めまぐるしい展開が続きます。だからこそ見終えたときは充足感で満ちていました。