劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子

劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子

スクリーンに広がる、銀河機攻隊の新世界

2013年に全24話が放送されたオリジナルSFロボットアニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」の劇場版。宇宙に進出した人類と、汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力「ウルガル」との戦いを描く。遺伝子操作で戦闘に特化した人種を作り出す「MJP計画」によって生み出されたヒタチ・イズルら少年少女5人組「チームラビッツ」は、最新鋭の戦闘デバイス「AHSMB(アッシュ)」を駆使してウルガルの部隊を退けたが、その戦闘でイズルは昏睡状態に。仲間たちがイズルの回復を待つ中、ウルガルの皇族の遺伝子を持つディオルナが現れ、残存部隊を統率して地球へ侵攻してくる。イズルの分まで戦うことを誓った仲間たちは、新型アッシュを駆って最後の戦いに臨む。

原題:劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月4日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

11/4(金)公開『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

根強いファンの愛に支えられている作品はそれだけの魅力が詰まっている証拠であり、観てみれば面白さが実感できます。そんな映画を観たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用するのがお得です。ネット配信であればすぐに見れますし、またダウンロード機能があるものもあるので、事前にスマホにデータを落としておけば、通信制限を気にすることなく、安心して外出先のWifiのない環境でも鑑賞することができます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:元永慶太郎
脚本:宍戸義孝
キャラクターデザイン:平井久司
音楽:渡辺俊幸

★【キャスト】
浅沼晋太郎、日笠陽子、井口裕香、池田純矢、渡辺明乃、沢城みゆき、伊藤静、東地宏樹

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
本編で覚醒しなかった4機が一気に開花! そして新機体。ぐりぐり動くアッシュ、CGアニメならではのカメラワーク、乱戦、混戦。そしてズバリなタイミングで入る挿入歌。そうそう、ロボットアニメの劇場版はこれでいいんだよ。いや、これがいい。しかしながらTVアニメからでもブレないザンネン5のやり取りでマジェスティックプリンスらしさは損なわず。必要以上にシリアスもいれず。熱いロボットアニメを見れたことに大満足でした。
●映画フリー
かなり映画の内容が心配で心配で。見続けていたファンにとっては、新キャラや新メカが見たいのではなく、あの世界のあのキャラクターたちがあのままで息づく様子。けれども杞憂でした。アニメの延長のままが描かれており、ファンにとっては嬉しい限り! 王道な演出ですがそこがいい。イズルが復活するシーンもケイの極甘ケーキのおかげだったり、シモン司令との遺伝子上の親子関係もベタベタしすぎず、あんまり突き詰めすぎないゆるいのがいい。
●BILIBILI 
TVアニメ終了直後から始まるストーリー。ですから冒頭はアニメ最終戦のジアートから始まります。ゲートは破壊。敵はもう来ない。でも残存部隊がいる。その部隊の中に隊長格が一人。隊長格率いる敵が地球に侵攻。それを食い止めるのが今作の話。とにかくやりたいことをすべて注ぎ込んだという印象。主人公たちの覚醒。死んだはずの仲間の復活? 新メンバー。新兵器。仲間みんなで協力するバトル。短い尺の中でこれでもかというオンパレード。
●CRUNCHYROLL 
詰め込んだところは多いです。それは確かに欠点になるかもしれません。しかしそれがワガママにならず、ちゃんとストーリーの中に収まり、まとまっていました。バトルにしても緊張と緩和、そして怒涛と。めまぐるしい展開が続きます。だからこそ見終えたときは充足感で満ちていました。今後の発展はないにせよ、それでも本作が作られた価値はあったなと思います。