PK

PK

笑って泣いて楽しめるインド映画大ヒット作

日本でもロングランヒットを記録したインド映画『きっと、うまくいく』のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。留学先のベルギーで大きな失恋を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知ったジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが…。

原題:PK / 製作:インド(2014年) / 日本公開日:2016年10月29日 / 上映時間:153分 / 製作会社:Vinod Chopra Films / 配給:REGENTS

★【スタッフ】
監督:ラージクマール・ヒラーニ(関連作品:『きっと、うまくいく』)
脚本:アビジャート・ジョーシー、ラージクマール・ヒラーニ
撮影:C・K・ムラリーダラン
音楽:シャンタヌ・モイトラ、アジャイ=アトゥル、アンキト・ティワーリー

★【キャスト】
アーミル・カーン、アヌシュカ・シャルマ、スシャント・シン・ラージプート、サンジャイ・ダット、ボーマン・イラニ、サウラブ・シュクラ、パリークシト・サーハニー、ランビール・カプール

【無料動画】

映画『PK』日本版予告

(C)RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年11月10日) 
宗教がテーマなんだけど、信じることの難しさと大切さを描いた万人におすすめできる楽しい映画でした。純度100%のPKがみんなの心の中にある「なぜ?」を素直に代弁してくれる。宗教を否定も肯定もせず、あなたが本当に信じたいものを見失わないで真っすぐに生きようという普遍的なメッセージ。嫌味のないその言葉に誰もが納得してしまう。ちゃんと宗教に疑問を投げかけているのに、宗教を否定はしないというバランスがなんともクレバー。
●FANDANGONOW (2016年11月10日) 
歌と踊りが愉快です。ヒロインの子も可愛かったし、最後はほろりと泣けてしまいました。神の存在に疑問を抱き続けた彼も、ことLOVEに関しては一発で察してしまう。ニクイ演出じゃないですか。これはインドの情勢を知るには打ってつけだし、全人類にとって共通の課題に向き合える、教材にぴったりな映画であり、ぜひ学校でも子どもたちに鑑賞させてほしい。ダンシングカーの部分は上手く誤魔化してください。そこは賢い大人の手腕です。