フランキー&アリス

フランキー&アリス

私は私に負けない

オスカー女優ハル・ベリーが、多重人格障害を抱えるストリッパー役を熱演したヒューマンドラマ。1970年代初期のアメリカ。黒人女性フランキーは人気ストリッパーとして活躍していたが、異常な言動をとったことから病院へ送られてしまう。フランキーを診察したサイコセラピストのオズは、彼女の中にアリスという人種差別主義の白人女性の人格が存在していることに気づく。日ごとに力を増していくアリスの存在に脅かされながらも、フランキーはオズとともに本当の自分を取りもどすことを決意。病を引きおこした原因だと思われる過去のトラウマと向きあおうとする。

原題:Frankie & Alice / 製作:カナダ(2010年) / 日本公開日:2014年9月20日 / 上映時間:101分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『フランキー&アリス』予告編

©2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC.All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジェフリー・サックス
脚本:シェリル・エドワーズ、マルコ・キング、メアリー・キング、ジョナサン・ワターズ、ジョー・シュラプネル、アナ・ウォーターハウス
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:アンドリュー・ロッキングトン

★【キャスト】
ハル・ベリー、ステラン・スカルスガルド、フィリシア・ラシャド、チャンドラ・ウィルソン、アレックス・ディアカン、ジョアンヌ・バロン

★【感想・批評】

●映画フリー 
実話ベースの物語で、余計に深く刺さる。解離性同一性障害という病を背負い、多重人格に翻弄される女性を演じたハル・ベリーの憑依的演技が素晴らしい。人種差別的で暴力的なアリスという副人格が、主人格の座を奪おうとする内的な闘いもスリリング。深い過去のトラウマと向き合う痛みも伝わってきて、全編に渡り、ハル・ベリーの演技を堪能できる。好きなシーンが多いので、何度も見返したい気分になる一作として記憶に残ったかな。
●映画の無料動画で夢心地
難しい映画だ。診察室に雨が降るシーンは、演出としてはとくに新しさもないベタなものかもしれないけど、個人的にはお気に入り。解離性同一性障害という病を背負い、多重人格に翻弄される女性を演じるだけで、クラクラするのだが、このフィクションに思えてしまう役柄を実在感を持たせるは大変だったと思う。深い過去のトラウマと向き合う痛みも伝わってきて、知らない私にさえも痛みに震えるような体験ができてしまったのが凄い。
●STREAMANGO 
実在の多重人格者の半生を映画化したもので、ハル・ベリーが10年かけて版権を獲得した、相当な気合作。売れっ子黒人ストリッパーの中に差別主義者の白人と、IQ150の天才人格が混在していて、日に日に白人人格が乗っ取ろうとしてくる。それは過去に原因があると推測した精神科医が奔走する。ハル・ベリーの演技が凄い、凄すぎる。多重人格の切り替えがとにかく凄い。これは見る方が早い。そして、ただひたすら茫然と眺めることになるだろう。