甘い鞭

壇蜜の愛しくも乱れる演技を堪能

ショッキングな内容とエロティックな描写で話題を呼んだ大石圭の同名小説を、「花と蛇」の石井隆監督が映画化。隣人男性に拉致監禁され、1カ月にわたって弄ばれ続けた末に男を殺害して生き延びた女子高生・奈緒子。トラウマを抱えたまま成長した彼女は、昼間は不妊治療専門の女医、夜はSMクラブの売れっ子M嬢というふたつの顔を持つようになる。

原題:甘い鞭 / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年9月21日 / 上映時間:118分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

『甘い鞭』予告編

『甘い鞭』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:石井隆
脚本:石井隆
撮影:佐々木原保志、山本圭昭
音楽:安川午朗

★【キャスト】
壇蜜、間宮夕貴、中野剛、屋敷紘子、中山峻、諏訪太朗、光山文章

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
壇蜜のエロシーンがあるってことで、興味本位で視聴したのですが、なんとも考えさせられる映画。そして怖い。辛い。最初の拉致監禁シーンからしてこっちまで泣き叫びたくなるくらいに怖くてたまらない。ナレーションが壇蜜とも、間宮さんとも違う人であるが私は詳しくないのですがどうやら他の石井隆作品に出てくるある人物なのではないかと。憶測ですが。やはり見どころは荒々しく蹂躙される間宮夕貴だな。そこだけ記憶に刻んどいてください。
●映画の無料動画で夢心地
ただのエロ映画だと思っていると、びっくりする。壇蜜は薹が立ち色褪せて映る。好みなのだろうな。それにしても石井監督流の計算し尽くされたであろうエロには、他の作品でも痺れまくっている。壇蜜の濃厚シーンは本当に挿入しているのでは?と思うほどで、モザイクの裏側で何が起こっているか、気になるけど、知る術はない…。ここまでの本気は初めて観たし、覚悟が伝わってくるが、何もここまでやらなくてもという気持ちもないではない。
●DAILYMOTION 
間宮夕貴が、壇蜜の若い頃を演じるのは少し無理があるが、体当たり演技には感心させられる。近頃の若い子は達者になったものだとつくづく思う。壇蜜も、前作「私の奴隷になりなさい」が余りにも、みっともない通俗的な作品であったのに比べ、格段に演技力が身に着いている。ラストのシーンは、全身全霊を出し切った演技と言えよう。既に彼女は大女優であり、最早「コミカルでHなお姉さん」ではない。そんな彼女のマジな演技に拍手を送りたい。
●SHAREVIDEOS
内容は万人受けするものでは無いが、映画の表現方法のひとつを極めたともいえる。前作もそうであったが、SMとかSMクラブについて、この作品もまた、世間に間違った印象を与えてしまったことは否めない。ただ、これはこの映画だけの罪ではないし、完全のこのポルノ世界では誤解されていることなので、いまさらではある。甘い鞭という名にはあまりにも甘くない映像のインパクトに、若干下心しかなかった自分が情けなくなってくる。