あなたへ(2012)

妻の本当の気持ちを求めて

高倉健が「単騎、千里を走る。」(2006)以来の映画出演を果たした人間ドラマ。監督は、高倉とともに「夜叉」(1985)、「あ・うん」(89)、「鉄道員」(99)などを生み出してきた降旗康男。北陸にある刑務所の指導技官・倉島英二は、最愛の妻を53歳で亡くし、「故郷の海に散骨してほしい」と記された絵手紙を受け取る。生前には口にしなかった妻の真意を知るため、英二は自家製キャンピングカーで妻の故郷・長崎へと向かう。

原題:あなたへ / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年8月25日 / 上映時間:111分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:降旗康男
脚本:青島武
撮影:林淳一郎
音楽:林祐介

★【キャスト】
高倉健、田中裕子、佐藤浩市、草なぎ剛、余貴美子、綾瀬はるか

【無料動画】

あなたへ (プレビュー)

あなたへ (プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket

『あなたへ』の動画は「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「auビデオパス」で見ることができます。動画が止まったり、余計な広告が邪魔したり、リンク切れに悩んだり、そんな心配は必要ありません。安心安全な動画視聴を無料で体験するチャンスです。配信には期間があるので登録はお早めに。DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を今すぐにチェック。オフィシャルな動画サイトで高品質な作品が毎日更新されています。登録はすぐに完了できて、面倒なことはないので安心できます。


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第36回日本アカデミー賞で優秀助演男優賞、優秀助演女優賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
健さん最後の映画。それがこの作品の全てであり、それだけで一生記憶に残るものとして確定したといってもいいだろう。降旗監督が久しぶりに高倉健と一緒に撮ったという意味でも価値あるし、日本の良心にもう一度立ち返るという点でも感慨深い。脇役も若手やベテラン、大御所を見事に配置しています。かなり老いた健さんを見るのは辛いのですが、役者人生を全うした健さんを見れて良かったと思います。何度も何度も繰り返しみて、偉大な人間の集大成を心に刻みたくなるメモリアルな作品なので、少なくとも1回は見てほしい。
●BILIBILI (2016年1月9日) 
この映画について切り口はたくさんある。それが魅力でもあるのでよいのですが。ただひとつ挙げるなら日本が保有する良さを見せてくれることになる。その良さは例えば、自然と人間が一体となった景観だ。亡き妻の足跡を追って富山から長崎まで続くロードムービー的な導線で描かれるのは、富山、飛騨高山、琵琶湖湖畔、竹田城、瀬戸大橋など、日本各地の風景だ。今さら日本のこうしたフィールドに着目されるのは、日本がひたすら都市集中化するなかでの反発なのかもしれない。つまり、日本の今の流れを逆転させた時代逆行がメインといえるとも解釈できるだろう。