冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

それは狂気。吐き気を及ぼすほどの残酷

「愛のむきだし」などで知られる鬼才・園子温監督が、実在するいくつかの猟奇殺人事件にヒントを得て人間の狂気と極限の愛を描くサスペンス。小さな熱帯魚店を営む社本の家庭では、年頃の娘が若い後妻に反発しており、そのため彼と妻との関係にも亀裂が生じていた。そんなある日、彼は娘が起こした万引き事件をきっかけに同業者の村田と知り合う。やがて村田の事業を手伝うことになった社本は、いつしか恐ろしい猟奇殺人事件に巻き込まれていく。

原題:冷たい熱帯魚 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2011年1月29日 / 上映時間:146分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

『冷たい熱帯魚』 予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

バイオレンスとスプラッタなショッキングシーンが織り交ざる衝撃作を観たいのであれば、動画配信サービスを活用することでお得に見ることができます。こうしたジャンルはあまり見たくない人もいるので、なるべく邪魔されずに観たいものです。このサービスではスマホ、パソコン、テレビ、タブレットと、視聴するメディアを自由に選べるので自分だけのプライベートな空間で作品にのめり込むことができます。安心して楽しめます。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「冷たい熱帯魚」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『冷たい熱帯魚』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:園子温
脚本:園子温、高橋ヨシキ
撮影:木村信也
音楽:原田智英

★【キャスト】
吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲、ペ・ジョンミョン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.49/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第35回日本アカデミー賞で助演男優賞を受賞。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
人を透明にする。そんなことができるだろうか。いや、そんな異常なことをやろうという人が現れるなんて想像できるだろうか。その素質は誰しもが持っているのだろうか。もしかしたらあなたの隣にいる人もそうかもしれない。それこそあなた自身がまさにそれなんじゃないか。究極的にはその議題になってしまうと思う。「ボディーを透明にするんだよ」…この言葉の意味はさまざまな解釈ができる。
●映画フリー
日本映画の中でもグロいシーンが多い作品として一番に特筆される。そうとうな覚悟が必要だ。この映画は殺人を題材にしながら、あらゆる広範なあてはめも可能な点が特筆される。つまり、ただの犯罪映画以上の解釈もできるようになっている。こういう奥底に何か持っているような怖さは映画の題材とシンクロする。ただの犯罪は良くないみたいな、説教ではなく、人って闇を抱えているでしょう?と耳元で問いかけるコワイ作品だ。
●BILIBILI
不愉快な傑作。これはこの映画にふさわしい言葉だと思う。映画は極端な暴力表現、性描写で嫌悪感を催すことが必至と思われている部分もある。だがしかし、この映画の本当の不愉快の核心は、支配されるキャラの妙な現実味、観ながらに異様な不安を覚える点にある。自分は自分の好きな人を幸せに出来ているのか、男(女)として成功しているのか、まったく幸せとはかけ離れているのではないのか。
●VIDEOEYNY
人の闇や暗い部分をリアルに暴露し、生々しく表現して、小刻みにバラバラにする。その先にあるものは…。見た時の衝撃は邦画トップクラス。サイコパスと言うより、狂気の領域に踏み込んだ人間は、悪魔でも、死神でもない、何かに変貌していた。園監督の変態性というか猟奇性が作品にビッシリつまった問題作で、これを見ずしてこの監督は語れない。それくらいの上出来な傑作にして、一般人ドン引き必須の最悪を見せられます。