最後の忠臣蔵

生き尽くす。その使命のために

TVシリーズ「北の国から」を手がけた杉田成道が、池宮彰一郎の人気小説を役所広司、佐藤浩市主演で映画化。赤穂浪士の吉良邸討ち入りで、大石内蔵助率いる46名が切腹により主君に殉じた中、密かに生き残った瀬尾孫左衛門と寺坂吉右衛門という2人の武士がいた。討ち入りの事実を後世に伝えるため生かされた寺坂は、事件から16年後、討ち入り前夜に逃亡した瀬尾に巡り会い、瀬尾の逃亡の真相を知る。

原題:最後の忠臣蔵 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年12月18日 / 上映時間:133分 / 製作会社: / 配給:ワーナー・ブラザース

★【スタッフ】
監督:杉田成道
脚本:田中陽造
撮影:長沼六男
音楽:加古隆

★【キャスト】
役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、風吹ジュン、田中邦衛、片岡仁左衛門

【無料動画】

『最後の忠臣蔵』 予告編

『最後の忠臣蔵』 予告編

(C)2010「最後の忠臣蔵」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第35回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、音楽賞、新人俳優賞にノミネート。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2015年2月11日) 
他の時代劇をたくさん見てきたわけではないけれども、この作品以上に武士道というものを表現した映画はないと思う。それほどまでに武士の生きざまが描かれていた。忠臣蔵ファンはもちろん、時代劇に興味の無い人にも必見の作品と言える。日本映画も捨てたものではない。この傑作を観ていない人はもったいない! こんなに凄い映画を見逃していた事が信じられないし、自分はバカだったと反省しています。これからは目を鍛えないとな…。
映画フリー (2016年2月17日) 
原作では、もっとミステリー仕立てになっているが、そこは2時間強でまとめるために、実に上手く整理している。徹底して、瀬尾と、大石の忘れ形見である可音(桜庭ななみ)との関係性にクローズアップした事が効果的に成功している。原作にはない人形浄瑠璃の描写も効果的。瀬尾が最期に切腹して自分の役割を全うした事に対して、生き残る役割を与えられた寺坂。このドラマチックな対照が、本作を見終わった後に深い余韻を残す。
BILIBILI (2016年5月13日) 
武士の生き方は、数ある人間が抱く生き様のひとつに過ぎない。それは一部の典型例なのはわかっている。しかし、不思議なことに心がざわつく。エモーショナルな気持ちにさせられるのは、なぜだろうか。本当に謎だ。実際にはわずかな割合にも関わらず、明治以後日本人のナショナルアイデンティティを刺激し続ける。この映画もそうだ。日本人としてのDNAが異様に研ぎ澄まされる。これが本当の邦画なんだと私は確信していくのだった。
VIDEOEYNY (2016年6月19日) 
歳のせいかもしれない。いや、それだけいい映画だったと思う。他者には共感を得られないかもしれない。でもそれでもいい。今の価値観ではとても測れないあの時代。あれほど清廉な心で主君の使命を果たす時代。そこにある純真さをピックアップして、純化したドラマ性にすっかりやられてしまった。斬り合いが見所ではないながらも、一級品の余韻が実にいいし、ここまでクオリティの高さを見せつけられると、すっかり参ってしまった。