ステキな金縛り

ステキな金縛り

証人は幽霊!笑いあり涙ありの法廷サスペンス

「ザ・マジックアワー」の三谷幸喜監督が同作以来3年ぶりにメガホンをとり、法廷サスペンスやファンタジーの要素も盛り込んで送り出すオリジナル長編コメディ。三流弁護士のエミが、担当する殺人事件の弁護のため、被告人のアリバイを唯一証明できる落ち武者の幽霊・更科六兵衛を法廷に引っ張り出そうと奮闘する姿を描く。

原題:ステキな金縛り / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年10月29日 / 上映時間:142分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ステキな金縛り[予告]

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
撮影:山本英夫
音楽:荻野清子

★【キャスト】
深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草なぎ剛、中井貴一、市村正親、小日向文世、小林隆、KAN、木下隆行、山本亘、山本耕史、戸田恵子、浅野和之、生瀬勝久

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
流石の良くできた脚本と豪華俳優人の持ち味を生かした娯楽作品ですね。言いたいことは山ほどありますが、ひいていうなら幽霊が見える人と見えない人に分けたことで繰り広げられるストーリー展開が心憎い。見えてた人も見えなくなったりしたことで、終盤の切なさが芽生え、見えなかった阿部さんのようにまさかの展開であちらに仲間入りしてしまったり、殺された被害者を現世に連れてこられたら、それは泣くに決まっている。率直に言って最高でした。
●映画フリー 
テンポもよくて退屈せず、ちょいちょい笑いが盛り込んであって本当に楽しかったです。役者さんもすごいですねー、一人一人が主役級の方がチョイ役で出ていて、どのシーンも見逃せませんでした。西田さん、最高じゃないですか。大声出して笑える映画って日本映画では、そうないので、ほんとに稀有な才能だなと思います。どんな方でもこの映画はオススメ出来ますし、観てハズレはない映画です。単純に楽しむならこれ以上ないベストムービーですから。
●SPACEMOV 
西田敏行によるひたすら連発しまくる小ボケを眺めているだけの映画です。その言い方で何も問題ないはずです。そもそも幽霊が裁判に参加というだけで突拍子もないのはわかると思いますが、そのありえない出来事を突き通すという無理やりな傲慢さを、映画で良しにしてしまうのがまさにマジック。その後の幽霊はいるかいないかの検証方法もよく考えればめちゃくちゃなのですが、力押しでアリにしているのが凄い。とにかく喜劇としては100点の映画です。
●VIDEOEYNY 
随所でクスクス笑える。ほろっと泣けるシーンもあって、これぞ三谷作品クオリティ。この後の映画も、その前も三谷フィルムは独特の味があるので、今作はそれが一番コメディに振り切っていると思う。基本的にはリアリティはないし、そこは触れてはいけない領域。あくまで俳優の掛け合いをひたすら楽しむだけでいいのだ。幽霊ならではのギャグが、完全に小学生レベルなので、あくまで大人な喜劇は求めてはいけないのが、おさえておきたい部分である。