合葬(2015)

日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞した作品の映画化

江戸幕府解体に反対する「彰義隊」に加わった若者たちの数奇な運命を描いた杉浦日向子の同名コミックを、「誰も知らない」の柳楽優弥、「僕は友達が少ない」の瀬戸康史、「麦子さんと」の岡山天音共演で実写映画化。幕末の江戸。将軍の警護と治安維持を目的に結成された彰義隊は市民たちから厚い信頼を寄せられていたが、幕府の解体により反政府的な立場へと追いやられてしまっていた。将軍・慶喜に忠誠を誓った極は、友人・悌二郎の妹との婚約を破談にしてまで彰義隊に身を投じる。一方、極と悌二郎の幼なじみである柾之助は、養子先から追い出され、行く当てのないまま彰義隊に入隊。また、悌二郎は彰義隊の存在意義に疑問を抱きながらも、極たちと関わったために運命を翻弄されていく。

原題:合葬 / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年9月26日 / 上映時間:87分 / 製作会社: / 配給:松竹メディア事業部

★【スタッフ】
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや
撮影:渡辺伸二
音楽:ASA-CHANG&巡礼

★【キャスト(キャラクター)】
柳楽優弥(秋津極)、瀬戸康史(吉森柾之助)、岡山天音(福原悌二郎)、オダギリジョー(森篤之進)、門脇麦(福原砂世)、桜井美南(かな)、井之脇海、高山侑子、藤原令子、隆大介、飴屋法水、峯村リエ、小市慢太郎、りりィ

【無料動画】

『合葬』予告編 60秒 9月26日(土)全国ロードショー!

『合葬』予告編 60秒 9月26日(土)全国ロードショー!

(C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月9日) 
キャストも時代設定も良いと思うのですが、原作が漫画ということが原因なのか、音楽が独特だからか、不思議時代劇でした。いきなりのユニークワールドに最初は内容に戸惑いました。徳川家が平和的終焉を迎えたのを認めず、青年たちはもう一度江戸を復活させようと息巻いている時代。時代の流れに反発しつつ、反旗をひるがえす若者たちの姿が印象に残ります。友人との意見の対立がまさか血みどろの戦争に巻き込んでしまうことになるとは…。
BILIBILI (2016年1月15日) 
観たことがないタイプの映画でした。原作者の杉浦日向子さん、その昔NHKの「お江戸でごさる」で、たおやかに解説されていた姿しか知らないのですが、歴史に対する深い知識を創造性のバネにして羽ばたいている感じがして、今作の原作漫画も読みたくなりました。わかりやすさと、もっと娯楽性と映像美そして台詞を聞き取りやすくすれば一般性は高まるのですが、そこをあえて思いっきり拒否して、この作品に向き合っているのは好印象でした。
DAILYMOTION (2016年7月26日) 
言わずと知れた杉浦日向子の、慶応4年に上野戦争で散った彰義隊の文字通り血のにじむ青春を描いた、発売時に読んでどえらい衝撃を受けた、あの名作の実写映画化ともあれば、手は伸びる。あの筆致に加えて2色刷な為、原作には静謐で多くを示さないモノクロームな印象がある。だが、描かれている物語は、情熱や軽率や矛盾や欲望に満ちた色鮮やかな青春という対比。だから、映画の方はその作品性を最大限にリスペクトした結果なのだろう。