ダラス・バイヤーズクラブ

マシュー・マコノヒーがアカデミー賞で主演男優賞を受賞

マシュー・マコノヒーが、エイズ患者を演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した実録ドラマ。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り…。

原題:Dallas Buyers Club / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2014年2月22日 / 上映時間:117分 / 製作会社:Truth Entertainment / 配給:ファインフィルムズ

★【スタッフ】
監督:ジャン=マルク・バレ
脚本:クレイグ・ボーテン、メリッサ・ウォーラック
撮影:イブ・ベランジェ

★【キャスト】
マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー、ダラス・ロバーツ、マイケル・オニール、グリフィン・ダン、スティーヴ・ザーン、デニス・オヘア、ジェーン・マクニール、ジェームズ・デュモン、ブラッドフォード・コックス

【無料動画】

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』予告編

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
94% Rotten Tomatoes

第86回アカデミー賞で主演男優賞、助演男優賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月10日) 
当時は同性愛者間で発症すると認識されてたHIV。南部のカウボーイ何ていうゴリゴリの保守的なイデオロギーを持つ主人公にとってそれは無関係だと思っていたわけで、到底受け入れがたくて、自分自身が病気と戦いながらも、本当に効く薬を患者に売りつける事で自分のアイデンティティを取り戻そうとする。また余命1ヶ月系感動映画かよなんて馬鹿にしていたら、思いのほか名作だった。しんみりするどころかひたすら病気に喧嘩を売る姿勢がパワフル。
OPENLOAD (2016年2月13日) 
役者の名演技合戦ですよ、見どころは。マシュー・マコノヒーの、これまた体を張った熱演。ジャレッドもしかり。みんな必死にあがいて闘ってきたんだなぁということと、この病の恐ろしさがガンガン伝わってきます。余命30日どころかもっと長く生きて、多くの命を救った男の生き様が最高にカッコいい! やはり懸命に生きる人間というのは男でも女でもLGBTでも美しいものです。エンドロールで流れるT.RexのLife is Strangeが胸に沁みます。
DAILYMOTION (2016年2月17日) 
一人の男の「生きたい」という執念が周りの人々を変えていく。この映画においては時代背景というのが非常に重要で、当然のようにエイズやLGBTへの理解が無に等しい。主人公自身もまた差別的偏見の持ち主で、そんな彼がまさかの理解されない側に転落してしまったことで、絶望的な社会の無理解というのを肌で実感して、変わっていく物語である。エイズという題材なのに、前向きにさせられる不思議な作品で、人生観が変わる良い出会いとなるだろう。