ヴェルサイユの宮廷庭師

世界一の宮殿の秘密が明かされる

ベルサイユ宮殿の庭園建設家として抜擢された女性庭師の物語を、「愛を読むひと」「タイタニック」のケイト・ウィンスレット主演で描いた。「ハリー・ポッター」シリーズで知られるイギリスの名優アラン・リックマンの監督第2作。17世紀フランス。国王ルイ14世は、栄華のシンボルとしてベルサイユ宮殿の増改築を計画していた。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートルとともに「舞踏の間」の建設を任されたのは、無名の庭師サビーヌだった。伝統と秩序を重んじるル・ノートルはサビーヌと対立するが、彼女の持つ自由な精神に次第に惹かれ、中心的な庭園造りをサビーヌに任せることにする。

原題:A Little Chaos / 製作:イギリス(2015年) / 日本公開日:2015年10月10日 / 上映時間:117分 / 製作会社:Artemis Films / 配給:KADOKAWA

★【スタッフ】
監督:アラン・リックマン
脚本:アリソン・ディーガン、アラン・リックマン、ジェレミー・ブロック
撮影:エレン・クラス
音楽:ピーター・グレッグソン

★【キャスト】
ケイト・ウィンスレット、マティアス・スーナールツ、アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチ、ヘレン・マックロリー、スティーブン・ウォディントン、ジェニファー・イーリー

【無料動画】

映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』 予告編

映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』 予告編

(C) BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月10日) 
アランリックマンが監督脚本ということで、興味をひかれて鑑賞。美しい映画を撮る人だったのですね。ベルサイユ宮殿の話で英語なのは、違和感を感じないでもないが、音楽と相まって優雅に穏やかに終わる。人生の全てが詰まっているようで、アランリックマンにしかできない映画なのは間違いないでしょう。ベルサイユ宮殿は、壮大でそれぞれの建物や庭に製作者たちの想いやドラマがあったんだろうし、きっと他にもいくらでも映画が作れるのでしょう。
SPACEMOV (2016年1月14日) 
鮮やかで繊細で見とれるようなドラマでした。有名造園師は一見堅物で自分の意思は意地でも貫くかのようだったが、造園に新たな視点を加えたケイトウィンスレット演じる女性との交流がこれまたいい。むしろ、中盤以降はヴェルサイユを舞台にしたラブストーリーとしてじっくり堪能しました。主人公が本当に魅力的かつ素敵で、女から見ても魅力のある女性をケイトウィンスレットが彼女の透明感と共に実に見事に体現していて美しかったです。
STREAMANGO (2016年1月18日) 
エンドロールで出演していたアラン・リックマンの監督作品だと知って「ええっ」と驚いた。時代モノのロマンス映画によくありがちなドロドロした要素がなく、驚くほどシンプルで温かい映画です。時代再現が本当に素晴らしい。衣装や小物なども当時の様子を想像させて、作品に一層趣を膨らませる。最後の噴水はどうなんだろうかとは思ったけど。アラン・リックマンの重厚だけど自然体で説得力のある演技がもう見られないと思うと残念で仕方ない。