マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード

What a Lovely Day!

荒廃した近未来を舞台に妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いた「マッドマックス」(1979)のシリーズ第4作。資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。愛する者を奪われ、荒野をさまようマックスは、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。シタデルという砦に連行されたマックスは、インターセプターを奪われた上に身体を拘束され、環境汚染からの疾病を患う住人に供血利用される。そこではイモータン・ジョーを首領とした独自教義を持つ好戦的な集団の支配のもと、潤沢な地下水と農作物栽培を牛耳ることで成り立っている独裁社会が築かれていた。そこへジョー配下の女戦士フュリオサらが現れ、マックスはジョーへの反乱を計画する彼女たちと力をあわせ、自由への逃走を開始する。

原題:Mad Max: Fury Road / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2015年6月20日 / 上映時間:120分 / 製作会社:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:3億7800万ドル / 前作:『マッドマックス サンダードーム』

★【スタッフ】
監督:ジョージ・ミラー(関連作品:『ハッピー フィート』)
脚本:ジョージ・ミラー、ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラザウリス
撮影:ジョン・シール
音楽:ジャンキー・XL

★【キャスト(キャラクター)】
トム・ハーディ(マックス)、シャーリーズ・セロン(フュリオサ)、ニコラス・ホルト(ニュークス)、ヒュー・キース=バーン(イモータン・ジョー)、ゾーイ・クラビッツ(トースト)、ロージー・ハンティントン=ホワイトレイ(スプレンディド)、ライリー・キーオ(ケイパブル)、アビー・リー(ダグ)、コートニー・イートン(フラジール)、ジョシュ・ヘルマン(スリット)、ネイサン・ジョーンズ(リクタス・エレクタス)、クエンティン・ケニハン(コーパス・コロッサス)、リチャード・カーター(武器将軍)、ジョン・ハワード(人食い男爵)

【無料動画】

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
97% Rotten Tomatoes

第88回アカデミー賞で衣装デザイン賞、美術賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、編集賞、音響編集賞、録音賞を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●無料ホームシアター(2017年1月14日) 
これぞ映画としてのエンターテインメントとテクニカルなセンス、そして未来を見据えたクリエイティブなスピリットを巧みに融合した完成形といえる一作ではないだろうか。もうこれ以上の映画は生まれないのではないかという危惧さえある。自堕落な模倣品のような映画が氾濫する世の中に飽きた観客を狂った世界に引きずり込んだこの映画の功績はあまりにも大きすぎる。だたの続編以上の素晴らしい創造物を生み出したジョージ・ミラーに感服。
●SPACEMOV (2017年4月25日) 
あの日の熱狂は一生忘れません。そして永遠に語り継いでいきたいと思います。「怒りのデスロード」を観ていないなら、あなたは映画の真の愉悦を味わっていないということです。一応シリーズものですが、過去作を観る必要はありません。厳密にストーリーがつながっているわけではないので。それにしても今作の一番の功労者はシャーリーズ・セロンでしょう。女性キャラというステレオタイプを完全に乗り越えた存在感に終始圧倒されまくりでした。

★【おすすめの関連作】
・『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』