はじまりのみち

感涙必須。日本を代表する映画監督・木下惠介の若き日を描く

「二十四の瞳」(1954)、「喜びも悲しみも幾年月」(57)、「楢山節考」(58)など数々の名作を残した日本を代表する映画監督・木下惠介の生誕100周年記念作品で、木下監督の若き日の姿を描いた人間ドラマ。戦中、脳溢血で倒れた母を疎開させるために2台のリヤカーに母と身の回りの品を積んで山越えをしたという実話を軸に、血気盛んな映画青年として軍部ににらまれ、松竹を一時離れるきっかけとなったエピソードなどを盛り込みながら、母子愛の物語を描き出す。アニメーション映画「カラフル」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」などで高い評価を受ける原恵一監督が、自身初の実写映画に挑戦。

原題:はじまりのみち / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年6月1日 / 上映時間:96分 / 製作会社:松竹撮影所 / 配給:松竹

★【スタッフ】
監督:原恵一
脚本:原恵一
撮影:池内義浩
音楽:富貴晴美

★【キャスト】
加瀬亮、田中裕子、濱田岳、ユースケ・サンタマリア、斉木しげる、光石研、宮﨑あおい、濱田マリ、藤村聖子、山下リオ、仁山貴恵

【無料動画】

映画『はじまりのみち』予告編

映画『はじまりのみち』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画の無料動画で夢心地(2016年1月17日) 
木下惠介という映画監督を知っている人も、知らない人も、問題なく楽しめる作品です。そして想像を超える感動に包まれるでしょう。といっても、いかにも泣かせにくるようなわざとらしいドラマはゼロ。そもそもこの作品のお話は非常にシンプルで、ただ引っ越ししているだけです。戦争中の時代ではありますが、ほぼ戦争描写は無し。それでも感情移入してしまうのはプロットの巧みさと役者の名演のハーモニーのなせる技。本当に感動的でした。
BILIBILI (2016年1月18日) 
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」や「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」で日本中をまさかの感動の渦に飲み込んだ原恵一監督。アニメーション作家としての腕は一流で、「百日紅 Miss HOKUSAI」では世界に認められています。その彼が実写に挑んだ本作。アニメの人が実写をするとあまり良い印象がないですが、今作は違う。その才能が見事に発揮されていて、地味な物語ながら超良質です。
PARAVI (2016年1月22日) 
好きなシーンが本当にたくさんある映画でした。雨の中のやりとり。お昼時の会話。何気ない一言。便利屋のキャラがまた良くて。物語の完全に脇にいる存在ですが、いい具合に場を和ませる役割で。濱田岳が本当に上手い。この無垢なお節介野郎っぷりが味になって、ずっとそばにいたいです。幸せになれよと言いたいほどに。そして、最後のエンドロール間近の作品ダイジェスト映像で、まさかこんなにポロポロと涙を流させてくるとは…。