ハナミズキ

ハナミズキ

その恋はどこへいく

人気アーティスト・一青窈の大ヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにしたラブストーリー。主演に新垣結衣、相手役で生田斗真が共演。北海道で母・良子(薬師丸ひろ子)と2人で暮らす紗枝は、東京の大学に進学することを夢見る高校生。若くして亡くなった父(ARATA)が紗枝へのメッセージとして庭に植えたハナミズキに見守られながら受験勉強に励む紗枝は、ある日、漁師の跡取りで水産高校に通う康平に出会い、互いに恋に落ちる。やがて紗枝が大学に合格し、遠距離恋愛が始まるが…。

原題:ハナミズキ / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年8月21日 / 上映時間:128分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:土井裕泰
脚本:吉田紀子
主題歌:一青窈

★【キャスト】
新垣結衣、生田斗真、蓮佛美沙子、ARATA、木村祐一、松重豊、向井理、薬師丸ひろ子

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
この作品は2010年の公開。その頃からガッキーの魅力は何一つ変わっていない。それどころかだんだんパワーアップしている気がする。可愛さを上手く扱うテクニックに磨きがかかっている。その原点を知る上でもこの作品は見る価値があると思う。あざといけどガッキーはかわいいという真理の誕生の瞬間に巡り合える。それが正しいことは数年後も彼女が大ヒット作品に関わっている事で証明できている。世界の中心は彼女で回っているのだという確信。
●映画FUN 
私の中で長年疑問だった歌詞の意味が丁寧に解釈されていて、その気持ちが伝わり、最終的なエンディングで思いっきり泣きました。曲が本当よすぎる。全編にわたってキレイに纏まっていて思い出に残る好きな映画ですが、ちょっと物語の展開が都合良すぎるかもと考えたが、あまり気にすることでもない。実はドロドロとしたことになってもおかしくない話を、潔く邪魔者をキレイに消して、スッキリお掃除して纏めましたね。だから全体的には満足。
●BILIBILI
切ないし、色々遠まわりしたけどやっぱり好きな人と一緒にいるのが1番なんだなと思う映画!ミズキの花びらが突然大量に降ってくる演出はやりすぎ? それにしてもガッキーのパワーが凄い。男も女も関係なしに魅了できるのは、きっとある種のもはや宗教だ。いまだに人気の高い女優でこの頃から魅力が変わっていないのが恐ろしい。神なのか。天使なのか。これはもうガッキー宗教に入信するしかない。そういうカルトがあったら入ってると思う。
●DAILYMOTION 
ガッキーの役の女の子は自分勝手でイライラするのですが、それを演じているのが彼女だから許される部分が99%ですよね。こういうキャラを演じていることが多い気がします。みんなガッキーのピュアさに頼りすぎ問題です。たぶん時間が経ってから見てもその可愛さの印象しか残らない。今、女優ありきで映画を作っている人は、このことを肝に銘じてほしい。ジャニーズなんかよりも女優にアピール持続力があるのは珍しいのではないかなとも。