背徳の王宮

朝鮮王朝の国王ヨンサングンの実話を映画化

希代の暴君として知られる朝鮮王朝の国王ヨンサングンの実話をモチーフに、「僕の妻のすべて」「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」のミン・ギュドンが監督を務めた歴史ドラマ。自身の色欲を満たすため、国中の美女を王宮に集めるよう命じた朝鮮王朝第10代国王ヨンサングン。王からの信頼を得るために、1万人を超える美女を強引に王宮へ召集させた重臣イム・スンジェは、心ひかれたダニに王の寵愛を独占させるべく、特別な教育を施すなど、裏で王を操ろうと画策する。さらに王の寵妃であるチャン・ノクスは、野心に満ちた芸妓ソル・チュンメを利用し、スンジェの野望を牽制する。生きるために「王の女」の座を目指す女たちの愛憎劇と、激しい権力闘争が展開していく。

原題:The Treacherous / 製作:韓国(2015年) / 日本公開日:2016年3月19日 / 上映時間:131分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

「背徳の王宮」予告編

「背徳の王宮」予告編

©2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ミン・ギュドン
脚本:ミン・ギュドン
撮影:パク・ホンニョル
音楽:キム・ジュンソン

★【キャスト】
チュ・ジフン、キム・ガンウ、イム・ジヨン、チャ・ジヨン、イ・ユヨン、チョン・ホジン

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
壮大なスペクタルエロ映画なんて新鮮でした。こんなアイディアを実現してしまう、韓国映画は恐ろしい。どこの国にも必ずいるのですね、めんどうな暴君が。それにしてもやりたい放題、処刑もし放題と描写が意外にえぐい。オープニングの口上にあわせて描かれる惨劇はなかなかテンポがあってグット。ただただ王様のわがままなあばれっぷりに付き合わされる2時間でした。アダルトな展開が多めなので、そういうのが好きな人はより楽しめるでしょう。
●映画フリー 
予想以上に序盤からただの成人映画というエロい感じが全面に出ていたので、早く終わらないかと思っていましたが、この内容にもかかわらず映像や役者はしっかりしていて終わってみれば序盤より評価が上がっていました。なめているとダメですね。やっぱり映画は観てから評価しないと。韓国でなきゃ作れないような独特の表現の連発でクセがすごいですが、そこも含めて楽しい作品。こういう歴史アレンジもエンターテインメントとして面白いものです。
●BILIBILI
稀代の暴君・燕山君(キムガンウ)の家来=奸臣(チュジフン&チョンホジン)が国中から美女を集めて娼妓に育てる、エロが暴走する極悪非道物語。金持ちはわからないものですが、性についてもそれは同じ。アソコを鍛える爆笑の特訓や燕山君のナニが猛威を振るう鬼畜シーンなど、言葉にするだけでドン引き必須の映像になんだかすごいものを見た気分。日活ロマンポルノ風味で、それをスケールアップしたようなものなので、気楽に見ましょう。