サウルの息子

地獄を見る覚悟はあるか

アウシュビッツ解放70周年を記念して製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた収容所の実態を描いた戦争ドラマ。1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜されたハンガリー系ユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとするが…。

原題:Saul fia(Son of Saul) / 製作:ハンガリー(2015年) / 日本公開日:2016年1月23日 / 上映時間:107分 / 製作会社:ラオコーン・フィルムグループ、ハンガリー国立映画基金 / 配給:モジネット、ファインフィルムズ / 製作費: / 興行収入:572万ドル

★【スタッフ】
監督:ネメシュ・ラースロー
脚本:ネメシュ・ラースロー、クララ・ロワイエ
撮影:エルデーイ・マーチャーシュ
音楽:ザーニ・タマーシュ

★【キャスト】
ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レべンテ、ユルス・レチン、トッド・シャルモン、ジョーテール・シャーンドル

【無料動画】

映画『サウルの息子』予告編

映画『サウルの息子』予告編

© 2015 Laokoon Filmgroup


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
96% Rotten Tomatoes
3.5 / 5.0 映画.com
3.62 / 5.00 Yahoo!映画
3.8 / 5.0 Filmarks

第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞を受賞。
第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でグランプリを受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●映画フリー (2017年1月17日) 
ゾンダーコマンドというユダヤ人囚人から組織された死体処理班。そんな存在を知らなかった自分を恥じたと同時に、そのあまりに過酷な実態に衝撃で動けなくなった。そんな映画は滅多に出会えないが、この出会いは感謝すべきかもしれない。ゾンダーコマンドは一年以内に殺され、使い捨ての駒だったらしい。あたらめてホロコーストの残忍性を知ったことで、この事件は大げさでもなんでもなく、永遠に語り継ぐべき歴史なんだなと痛感した。
●SPACEMOV (2017年1月18日) 
ユダヤ人が大量虐殺されたことは知っているけど、同じユダヤ人が裏でこういう労働をさせられていたとは。ブラックなんてレベルではない。地獄だ。観ているだけで鬱になるが、当事者はどうだったのだろうか。サウルの行為は「息子」の尊厳のためというより、自らの人間性を保つための必死の自己保護だったような気がする。99.99%の絶望で満ちた空間を狭い画面で再現し、観客さえもその恐怖に飲み込んでいく。これが歴史の闇なのか。