この世で俺/僕だけ

中年サラリーマンと不良高校生の逃避行

街の利権をめぐる偽装誘拐事件に巻き込まれてしまった中年サラリーマンと不良高校生の逃避行を描いた。元バンドマンで今はしがない中年サラリーマンの伊藤博と、警察官の父親への屈折した思いを抱く不良高校生・黒田甲賀。伊藤はあるテレビ番組を見たことをきっかけに、怪しげな男がコンビニ前に止めた車を思いきって強奪。その様子に何かを感じた甲賀は伊藤を追いかけ、捕まえるが、そこで2人は車の後部座席にあった段ボール箱の中に、ひとりの赤ん坊を見つける。その赤ん坊は街の再開発に反対する政治家・大隈泰三の子どもで、大隈の立候補を阻止したい市長の指示で、ヤクザが偽装誘拐を企てていたことがわかる。このままでは自分たちが誘拐犯にされてしまうと気付いた伊藤と甲賀は、警察もあてにならない状況の中、自力で大隈のもとに赤ん坊を届けようとする。

原題:この世で俺/僕だけ / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2015年1月31日 / 上映時間:109分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:月川翔
脚本:松瀬研裕
撮影:木村信也
音楽:ゲイリー芦屋

★【キャスト】
マキタスポーツ、池松壮亮、佐野史郎、野間口徹、デビット伊東、高橋努

【無料動画】

映画『この世で俺/僕だけ』予告編

映画『この世で俺/僕だけ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2016年7月10日) 
世間的にはダメな二人だったけれど、逆境にもめげず、どんなにぼろぼろになっても自分たちに何の得にならなくても信念を貫く姿が、かっこよかった! それがたとえ見苦しくても、その姿は心を動かします。時々くすっと笑えるような場面もありながら二人がぶつかり合うシーンでは、二人の抱えている物が苦しく、押しつぶされそうな気持ちが伝わってきたようで涙がでてしまった。とく赤ちゃんのシーンは誰もが褒めるところだと思います。必見です。
●BILIBILI (2016年9月5日) 
大きな感動や驚きやドキドキなどはないがとりあえず主役の二人が魅力的なのでその点でニヤニヤして観てしまった。話自体はパンク魂ということで素敵なんだがもっと痛々しかったり、どうしようもないほど汚い部分であったりむちゃくちゃやってくれたらもっと高揚できたと思う。それでもこの映画はかなり攻めている方でした。とにかくマキタスポーツの歌が聴けること、池松くんの雰囲気と叫び声と、赤ちゃんとの絡み、二人の絡み、よかった。
●VIDEOEYNY (2016年11月12日) 
世の中の理不尽に完膚なきまでに叩きのめされることがある。悪い事をしているのに平然と罪を認めない権力者。当たり前のように嘘をつき真実を隠す情報コントロール。取るに足らないことを大騒ぎする大衆。そんな世界に嫌々になって絶望を感じたら、映画を観ればいい。そこには自分を投影できるような社会の底辺で必死にもがいてあがいている奴らがいる。それはこの世で唯一の自分だけの存在。このままでは終われないのだという生きる渇望だ。