ヒミズ

ヒミズ

生きることは泥臭い

ギャグ漫画「行け!稲中卓球部」で人気を博した古谷実が、ギャグを封印して若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を描く。

原題:ヒミズ / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2012年1月14日 / 上映時間:129分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:園子温
脚本:園子温
撮影:谷川創平
音楽:原田智英

★【キャスト】
染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子

【無料動画】

映画『ヒミズ』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 94%

第68回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞。

★【インタビュー】
・染谷将太「すごいことになるんだろうな…とは思っていたけれど、やってみたら思っていた以上にすごいことになって。震災後、園さんは脚本を(大きく)書きかえたんですが、前以上に素晴らしい脚本に仕上がっていたので、役者としてすごく燃えましたね」
・二階堂ふみ「茶沢として住田に接するなかで、染谷くんの印象はたくさんあるんですけど、ひとつ忘れられない出来事があるんです。私はこの現場が大好きだったので、撮影が後半に近づくにつれて、終わりたくない! 終わるのは嫌だって漏らしていたんですね。そうしたら染谷くんが『もうすぐ終わりだね』と笑った。そのときのニコッとした顔が忘れられなくて。私は終わりが近づいているのを実感したくなかったのに…(苦笑)」

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月19日) 
原作を読んでの映画でしたが原作にも負けないぐらいの面白さでした。染谷将太と二階堂ふみの演技も素晴らしかった。3.11の映像を取り入れたことで原作と違ったエンディングになっていて絶望に負けたじゃなく希望に負けたと感じ取れました。ラストの「がんばれ!」と連呼するシーンは監督の被災地への気持ちも含まれているような気がします。震災はあの園子温でさえも影響を与えたのですね。
シアターさん(2016年3月29日) 
園子温監督はグロでなくてもやれるということを証明した作品。しかも世界にさえ評価されたのだから言うことなし。惚れ直してしまった。もともと原作ファンでしたが、原作を壊しながらも生かした、漫画原作の中では稀に見る名作といえるだろう。こんな映画は後にも先にもこれっきりじゃないか。それにしても主人公の少年役の染谷将太さんの目と、ヒロイン役の二階堂ふみさんのパワーは圧倒的。役者って恐ろしい…。