のぼうの城

のぼうの城

この男の奇策はとんでもない!

第29回城戸賞を受賞した和田竜による脚本「忍ぶの城」を、「ゼロの焦点」の犬童一心監督と「ローレライ」の樋口真嗣監督が共同でメガホンをとり映画化。主演は野村萬斎、共演に佐藤浩市、成宮寛貴ほか。舞台は武蔵国忍城(埼玉県行田市)。“のぼう様(でくのぼうの意)”と領民から慕われる城代・成田長親は、天下統一を目指す豊臣秀吉方2万人の大軍を指揮した石田三成の水攻めに、わずか500人の兵で対抗する。

原題:のぼうの城 / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年11月2日 / 上映時間:144分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『のぼうの城』本予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:犬童一心、樋口真嗣
脚本:和田竜
撮影:清久泰延、江原祥二
音楽:上野耕路

★【キャスト(キャラクター)】
野村萬斎(成田長親)、榮倉奈々(甲斐姫)、成宮寛貴(酒巻靱負)、山口智充(柴田和泉守)、上地雄輔(石田三成)、山田孝之(大谷吉継)、平岳大(長束正家)、西村雅彦(成田氏長)、平泉成(成田泰季)、夏八木勲(和尚)、中原丈雄(北条氏政)、鈴木保奈美(珠)、前田吟(たへえ)、中尾明慶(かぞう)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
忍城という小さな城が、石田三成の大軍勢を相手にいかに戦うかを描いた史実に基づいた歴史作品。農民たちから「でくのぼう」を意味の「のぼう様」と呼ばれ慕われる成田長親が、石田三成率いる2万人の豊臣軍にたった500人で挑んだという史実を基にした娯楽活劇。歴史好きなら有名なのか、でもかなり俳優パワーでクセが爆発している。フィルムとしてはかなりオーバーにアレンジして、映画的なドラマチックさをプラスしたといった感じか。
●映画フリー
諸葛亮孔明よろしく城主が智謀の限りを尽くして相手を翻弄する、という展開ではなく、感情に任せた行き当たりばったりな行動に幸運が重なって結果がついてくる、いわば戦国版ラッキーマンというべきような展開が連続する。ただ、行き当たりばったりとは言っても、その根底にはプライドと自己犠牲の精神があるので純粋に好感が持てた。エンターテイメント性は抜群のど迫力があるCGにどういう反応をするのかが、重要な印象左右になるかも。
●BILIBILI  
主演が野村萬斎で、脚本が原作の和田竜の時点で観るしかないと思いました。監督が犬童一心樋口真嗣とは贅沢な反面、良さが活きるか不安もありつつ。もちろん、萬斎さんの存在感と演技力、田楽踊りの素晴らしさもあるけれど。物語全体を意識してエピソードを厳選した脚本の素晴らしさはさすが原作者。水攻めの迫力もさることながら、前田吟、夏八木勲といった脇を固める役者陣。市村正親の豊臣秀吉は一瞬しか出演シーンがないのに超豪華でしたね。
●VIDEOEYNY
佐藤浩市の安定感と若手俳優陣も素晴らしかったです。榮倉奈々、成宮寛貴、上地雄輔、山田孝之と先が楽しみですね。榮倉奈々の棒読み調もやや浮世離れした姫のキャラクタには加勢しているので、私は良かったと解釈しています。野村萬斎の演技は独特の世界観を持ってて、それでも映画の中でちゃんと溶け込んでいるので正解だったのではないかなと。今振り返れば、絶対やらないようなキャスティングで攻めている時代劇でしたね。