ゲド戦記

竜が語りかける、生きることの厳しさ

アーシュラ・K・ル=グウィンによる世界的ファンタジー小説を原作に宮崎駿監督の長男宮崎吾朗が初メガホンをとったスタジオジブリの大作アニメ。世界で最も偉大な魔法使い「大賢人」と呼ばれているハイタカ(別名ゲド)は、世界に災いをもたらす源を探し出すために旅を続けていた。そんな中、ハイタカはエンラッドの王子アレンと出会うが、アレンは父である国王を刺し、国を出たばかりだった…。

原題:ゲド戦記 / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年7月29日 / 上映時間:115分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:宮崎吾朗
脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子
音楽:寺嶋民哉
主題歌:手嶌葵

★【キャスト】
岡田准一、手嶌葵、菅原文太、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志

【無料動画】

Aoi Teshima – Toki No Uta

Aoi Teshima - Toki No Uta


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
素直な心で観たら楽しいですよ。酷評されているのでそれを踏まえて批評家気分で観たら楽しくないかもしれません。というか、そんか気持ちで観たらどんな映画も楽しくなくなります。そんな、斜めから物を見れている自分が有能っていう感覚を無くして、作品として素直に観たら楽しいですよ。酷評する方も多いですが私はこんな映画を作る才能も技術もありません。これを作れる方々の才能と技術に称賛を送りつつ、とても楽しく見させてもらいました。
●映画フリー 
ゲド戦記の一巻とは全く違うストーリーでした。監督がプロデューサーさんとアレンジをした作品だと聞いていましたが、あまりに大きく違っていたことに度肝を抜かれました。最終的に誰だったのかよくわからなかった人物もいましたが、全体的にとてもいい作品だと思いました。いつか終わってしまう命にどう向き合って行けばいいのかというテーマが私は特に好きでした。全体的に暗いとおっしゃる方もいますが最終的にはハッピーエンドです。
●BILIBILI
監督が違うからとか他のジブリ映画と比べて駄作扱いされてるようだけど、そういうの全部置いといて、世間の邪道な解釈を無視して、純粋にこの映画を楽しめたのでOK。最後には王子が苦悩を乗り越えて、魔法の剣を抜くことができるようになるというストーリーに大変感動しました。意外に普通の王道ファンタジーでもあるのですが、全体的にテイストが暗すぎたのが問題だったのかもしれません。ただし、あのテーマ曲は神であると断言したいですね。
●CRUNCHYROLL
父と息子の確執という、製作側の方が物凄いドラマがある映画です。気になるのであれば、製作の裏側に密着したドキュメンタリー番組が参考になります。世の中的には酷評多いですが、公開当時はそんなことはなかった気がします。おそらくネット、とくにSNSが発達して、とりあえずこの作品を叩いておけばカッコいいみたいな風潮が出来上がってしまったのですよね。不運な映画です。やっぱりこの作品を考察するには宮崎吾朗の人生が鍵です。