アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー

神さま、この話だけは、見ないでほしい

人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を、「ルート225」の中村義洋監督が映画化した青春ミステリー。大学入学のため仙台に引越してきた椎名は、隣人の河崎から奇妙な計画を持ちかけられる。同じアパートで暮らす引きこもりの留学生ドルジに広辞苑を贈るため、書店を襲撃しようというのだ。椎名は誘いを断りきれず本屋襲撃を手伝うハメになるが、この計画の裏には河崎とドルジ、そしてドルジの彼女で河崎の元恋人・琴美をめぐる切ない物語が隠されていた。

原題:アヒルと鴨のコインロッカー / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2007年6月23日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

アヒルと鴨のコインロッカー(プレビュー)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Paravi(登録月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Paravi

▼無料動画を見る方法▼

「旧作のあの作品を今この時代にもう一度見てみたい。けどもできればお得に観たい。どうせならもっと安く、いや、無料とかにできないのかな。もちろん合法的な方法で…」そんなときは動画配信サービスの活用が唯一にして最良の選択肢になるでしょう。お試しキャンペーンがあり、各サービスごとに無料で利用できる期間が最初に設定されています。その間は自由に使えるので、当然配信されている作品は無料になったり、ポイントがもらえればそれを使ってコンテンツ課金作を視聴できます。まさに無料動画感覚です。

さっそく利用してみたいところですが、動画配信サービスは数があるので、どれで自分の見たい作品を配信しているのかがわかりにくいです。そこでこのページでは配信中のVODを整理して、一覧化しています。自分の利用したことがないサービスがあれば大きなチャンスになるでしょう。無料でウォッチするまであと少しです。

『アヒルと鴨のコインロッカー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
撮影:小松高志
音楽:菊池幸夫

★【キャスト】
濱田岳、瑛太、関めぐみ、田村圭生、関暁夫、キムラ緑子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.92/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
それが前から決まっていたように自分の琴線に触れる人との出会いが人生を変えていく。ボブディランの風に吹かれてという曲が彼彼女らを結びつけて繋がっていくのが面白いです。ブータン人のドルジが鍵で織り成すせつないどんでん返しが良いです。原作読んでない人は終盤ストーリーが明かされるまで気づかないでしょう。タイトルも内容も伏線が回収される度に切なさが増していく映画であり、この勢いにのってしまえばもうこっちのものであるのです。
●映画フリー
言わずと知れた人気作家の小説ですが、映像にしてもらえるとすごくわかりやすいし、こういうことかと理解の助けになり、さらに映画としての面白さもあるという良いことづくし。題名は初めは何のことかわからないのですが、アヒルと鴨は国籍の事を表現し、コインロッカーは、清廉潔白では解決できない人生の淀みを晴らす時の対処を示しているように思います。人の死も動物の虐待も話にインパクトを与える道具って感じで軽いのが評価の分かれ目。
●BILIBILI
映像作品のやり方として、嘘の話をあそこまで映像で流してしまうのはルール違反なんでしょうが、(白黒で違いをつけてますが)心地よい騙され方をしました。どんでん返しがある作品というのは多いですが、2時間ある内のラスト15分とかでやられるのは個人的にはキツイ。それまでのモヤモヤを一発で取り返しきれてなくて。この作品は丁度半分の1時間くらいでどんでん返しがあり、かつそのあとのタネ明かしもストーリーとしてとても面白いです。
●DAILYMOTION
タイトルの理由も、「神さまこの話だけは見ないでほしい」の意味も最後に全部わかるという爽快感。謎がどんどん解けていく気持ちのいいソリューション・ストーリー・テリングと、謎が解けることでどんどん大きくなる切なさがぶつかり合って、頭がおかしくなりそう。映画序盤で濱田岳が歌う「風に吹かれて/ボブディラン」など、曲も大事なキーワードになっているのが、またいい。コインロッカーの中にラジカセを入れる。そうくるかと唸った。