摂氏100℃の微熱

震災の傷が癒えぬまま、ある出会いが私の前に現れた

女優・平愛梨と劇団EXILEの青柳翔の主演で、淡路島と神戸を舞台に描いた純愛ストーリー。小説・漫画投稿コミュニティサイト「E★エブリスタ」の電子書籍大賞2013を受賞した野咲あやの小説を映画化した。淡路島に暮らす千波は、結婚を考えていた恋人の浮気現場を目撃。さらには仕事もクビになってしまい、失意のどん底にいた。そんな時、東京から来たという謎めいた青年と出会う。生まれも育ちも全く異なる2人は、それぞれの住む世界を超えてひかれあっていくが、千波には、19年前に阪神・淡路大震災で負った心の傷が深い影を落としていた。

原題:摂氏100℃の微熱 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2015年1月24日 / 上映時間:80分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

映画「摂氏100℃の微熱」予告編

映画「摂氏100℃の微熱」予告編

©「摂氏100℃の微熱」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

ときどき他の誰もが見たことがないマイナーな作品を探して観てみたくなる時があります。映画は数は無限大。まだ観たことがない光のあたらない作品もたくさんあります。そんなときに便利なのが動画配信サービスです。「作品を簡単に探せて、自由に鑑賞できて、好きなメディアで見れて、しかも無料で見れないだろうか」そんな欲望に全て答えてくれます。最近の利用者は急増しており、アンケート調査によれば6人に1人というデータもあります。これは常時利用者の数なので、さらに手を出したことのある人も含めればかなりの数になるでしょう。加えて、無料お試し期間を利用することで、1か月などある期間内であれば、無料でお試しすることができます。つまり、作品をタダで視聴するという嬉しい体験も可能なのです。

そこで数多く存在する動画配信サービスの中で、見たい作品を配信しているVODを探すにはどうすればいいのか。基本は自分でイチイチ確認するしかないわけですが、それは大変。そこでこのページで紹介されているものを参考にするといいでしょう。このフリムビ2では視聴可能なVODを整理して、随時更新しています。ネット配信がなくとも安心してください。レンタルサービスを利用すれば、DVDさえあれば借りることも可能です。これも無料でお試し可能なのでぜひ検討してみましょう。

『摂氏100℃の微熱』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:岡本浩一
脚本:根津理香
撮影:平田修久
音楽:芦田功

★【キャスト】
平愛梨、青柳翔、遠藤要、ちすん、上野なつひ、松田洋昌

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.8/5.02.93/5.002.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
小説投稿サイトで賞をとった作品の映画化だったんですね。全然知らずに見てました。そういう経歴の原作なのでお話はかなりこじんまりとしていて急ぎ足。展開もあれよあれよというまに進んでいき、あんまり感情移入するひまもないかもしれません。超コンパクトな昼ドラといった感じでしょうか。実際に映画の時間も80分ですから、暇なときにちょっと見る程度の小粒作品として楽しめばいいと思います。こじんまりとした映画としてオススメです。
●映画の無料動画で夢心地
相手の男が、震災で負ったココロの傷を「半分抱える」というようなセリフを言っちゃうのですが、ちょっとお気楽な着地にも思いますが、そこで目くじらを立てるほどでもない感じ。小規模作品としてはこんなものでしょうか。原作は有名らしいのですが、震災映画としては確かに多くの人が指摘するようにつくりが甘い部分も多い。それでも映画全体、とくに役者が醸し出す雰囲気の良さでうまい具合にマイルドに調和しているので嫌さはない。
●BILIBILI 
阪神淡路大震災のトラウマを抱えたヒロインという設定が実はあって、そこが物語に深みを与えている…まではいかない感じで、なにか歯がゆい。でも、主演の平愛梨が兵庫県出身らしく、関西弁といい、地元の雰囲気がよくでている。淡路島の舞台も味がある。地方の大金持ちの家にお手伝いとして勤めることになったヒロインが、その家の御曹子と恋に落ちるという、とくに応援の必要もないくらいの妄想実現型ご都合的ロマンスなので、そこの緩さは吉。