シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

キャプテン・アメリカvsアイアンマン! 禁断の激突

マーベルコミック原作「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズとしては第13作品目となるアクション。マーベルヒーローが集結した『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』後の物語となり、キャプテン・アメリカとアイアンマンという「アベンジャーズ」を代表する2人のヒーローの対立を描く。人類の平和を守るアベンジャーズは戦いは全世界へと広がるが、その人的・物的被害大きさから、アベンジャーズは国際的な政府組織の管理下に置かれ、無許可での活動を禁じられる。一般市民を危機にさらしてしまったことへの自責の念から、アイアンマンはその指示に従うが、「自らの行動は自らの責任で持つべき」という持論のキャプテン・アメリカは反発。2人の意見はすれ違い、一色触発の緊張感が高まっていく。

原題:Captain America: Civil War / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年4月29日 / 上映時間:148分 / 製作会社:マーベル・スタジオ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:2億5000万ドル / 興行収入:10億1000万ドル

【無料動画】

スパイダーマン登場!『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』予告編
Go Behind the Scenes of Captain America: Civil War (2016)
CAPTAIN AMERICA CIVIL WAR - Gag Reel BLOOPERS + Making-Of !

(C)2016 Marvel All rights reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ(関連作品:『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』)
脚本:クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
撮影:トレント・オパロック
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★【キャスト】
クリス・エバンス、ロバート・ダウニー・Jr.、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.8/1091%75
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.0/5.04.16/5.004.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【雑学(トリビア)】
・ソニー・ピクチャーズが映画化権を保有している「スパイダーマン」だが、本作でキャラクターを使用するライセンス契約を結んだことで、見事出演を果たした。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2016年1月10日) 
キャップとスタークにはそれぞれの信念があり、双方の言うことは共に正論。国は必ずしも正しいとは限らないから管理されたくはない。ヒーローは必ずしも正しく能力を使うとは限らないから国が管理すべきだ。その意見に説得力があるからこそ、この対立に終わりは見えない。アメコミ映画の素晴らしい部分はもはや勧善懲悪を越えて、しっかり社会の現代的な風刺を交えつつ、それでもなおかつエンタメもしている点である。もはや敵なしといった感じか。
映画FUN (2016年1月11日) 
今作ではアントマンが合流するほか、ブラックパンサーとスパイダーマンが新規参入して賑やかさがさらにパワーアップ。とくにそれを象徴する空港での大乱闘はカオス。それぞれの能力を生かした個性豊かな戦い方の応酬は楽しく、本編はシリアスなのに、バトルは結構ユーモラスなのがまたギャップで面白い。スパイダーマンとアントマンのおふざけ感とか、いい中和剤になっている。個人的には終盤の大人な一騎打ちも良かったので、大満足。
OPENLOAD (2016年1月12日) 
少なくとも「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」は観ておくべきだが、できれば「キャプテンアメリカ」シリーズの作品は事前に鑑賞しておくと、彼の苦悩がわかる。今作では苦悩に対して彼なりの答えを出した後なので。また、本作を観た後はぜひ「スパイダーマン ホームカミング」を観ておくべきかと。ユーモアたっぷりにつながっているし、アイアンマンはちゃんとヒーローを教育して未来につなげようという意気込みがあることがわかる。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする