天使にアイム・ファイン

天使は見捨てない

大川隆法が製作総指揮と原作を手がけ、それぞれ悩みを抱える5人の人間と彼らに救いの手を差し伸べる天使の姿を描いたドラマ。同級生からのいじめに苦しむ小学5年生の風香、父の八百屋が原発事故の影響で経営難に陥り大学進学の道を絶たれた優也、末期がんを宣告された大女優・吉乃、国政選挙に落選し志を失いかけた護、姉を亡くし目的を見失った女優の卵・美里。悩める彼らを救うため、1人の天使が地上に舞い降りる。天使の愛を受け、5人の人生は少しずつ変わりはじめる。

原題:天使にアイム・ファイン / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年3月19日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画「天使に“アイム・ファイン”」 特別予告編

(C)2016ニュースター・プロダクション


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

普段は見ないような映画を視聴するとき、もしくは探しづらい作品を見つけたいとき、便利なのが動画配信サービスです。非常に気軽に利用できるので、まだ見ていない人におすすめするときももっともベストな手段といえるでしょう。店でレンタルするのとは違って、誰とも顔を合わせずに作品を視聴できるので、人目を気にする必要もありません。しかも、無料お試し期間を用いることで、期間中はお金を使うことなく、見たい作品を観ることができます。このフリーであるというポイントが紹介しやすい一番のメリットです。「無料だから観てみない?」と言えるのは大きなセールスポイントじゃないでしょうか。

そこでこの作品を視聴できるのがどの動画配信サービスなのかという部分ですが、それを一目で判断するのに便利なのがこのページです。フリムビ2では視聴可能なVODを整理してまとめています。情報を適度に更新しているので、すぐに確認するときに有用です。ぜひ作品をお勧めするときはこのページも合わせて推奨しておくとスムーズに作品につなげていけると思います。

『天使にアイム・ファイン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:園田映人
脚本:園田映人
音楽:大門一也

★【キャスト】
雲母、芦川よしみ、金子昇、清水一希、合香美希、大河内奈々子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.02.18/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
正直、それほど期待せず、「そこそこ楽しめればいいかな」ぐらいの気持ちで観た。しかし、予想外に、かなり楽しめた。主人公の女の子が可愛かったのと、あとは、全体に監督の手腕を感じた。「おぉ、ここでこう来るか!」と、何度となく唸らされた。ダンスシーンなどをうまく盛り込み、飽きさせない。悔しいが、「うまいな」と思わされた。映画ファン、特に邦画ファンなら押さえておきたい、観て損のない作品。隠れた名作と断言します。
●映画FUN 
エンディングで流れてたアイムファインの歌とダンスがすごく元気になれた! 映画本編もすごく色々と考えさせられたけど、最後にあの歌が流れてきたから何だか色々悩んでたのが嘘のように吹っ切れた! こんなに可愛い天使が見守ってくれていたら、想像するだけで、嬉しくなった。人生は常につらいことが溢れているという理不尽さに打ちのめされた経験がない人はいないはず。そんなときにこの映画を観るべきなのは間違いないと思う。
●BILIBILI 
自分が主人公になれるそんな映画でした。映画見た人、必ず泣くと思います。家族愛に弱いので、5人の主人公が悩んでいる時も、家族の愛に気付く時も、幸福を掴もうと決意する時も、感動して泣けました。最初のうちはそうでもなかったけど、後半天使が活躍しだすと結構泣けます。私にも天使がこんな風に寄り添ってくれてるのかな~って、そんなことを思いながら。主役の娘のエンディング曲も可愛かったけど、その後の歌がまた良かったな。
●VIDEOEYNY 
「幸福の科学」作品という部分だけで判断してしまう人も多いでしょうが、それは偏見でしかないし、そういう先入観で作品を観るべきではないでしょう。実際はイジメや難病、原発問題とわりと身近な話にターゲットを絞りつつ、極めて純粋にテーマとの向き合い方に考え抜いている映画です。「おぉ、ここでこう来るか!」と、何度となく唸らされたシーンもあって、既存の邦画の常識にこだわらず、自由に作品を創造しているのがよくわかる。