パシフィック・リム

少年の心を取り戻す! 巨大ロボットvs巨大怪獣の傑作

「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡をかけて団結し、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は英知を結集して人型巨大兵器「イェーガー」を開発。KAIJUとの戦いに乗り出す。それから10年が過ぎ、人類とKAIJUの戦いは続いていたが、かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは再び立ち上がることを決意。日本人研究者のマコ・モリとコンビを組み、旧型イェーガーのジプシー・デンジャーを修復する。

原題:Pacific Rim / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2013年8月9日 / 上映時間:131分 / 製作会社:Legendary Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億9000万ドル / 興行収入:4億1100万ドル / 次作:『パシフィック・リム アップライジング

★【スタッフ】
監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラビス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
撮影:ギレルモ・ナバロ
音楽:ラミン・ジャワディ

★【キャスト】
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、ロン・パールマン、クリフトン・コリンズ・Jr.、バーン・ゴーマン、ディエゴ・クラテンホフ、芦田愛菜

【無料動画】

映画『パシフィック・リム』本予告 杉田智和吹替え版

映画『パシフィック・リム』本予告 杉田智和吹替え版

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LCC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画FUN (2016年8月10日) 
こんなのを見せられたら感激するに決まっているじゃないか。嵐の中、その巨体を浮かび上がらせるイェーガーの発進シーン。ここだけで特撮ファンは感涙して死にかねないと思う。そこからの一連の戦闘シーンの連続は、脳に直接電流を流し込まれるような体験だった。たぶん5、6回は感動死したと推測される。単に暴れているだけでなく、しっかり映像的なカッコよさにこだわったカットなど細部に至るまで計算しつくされているのはさすがの手腕。
OPENLOAD (2016年8月11日) 
世界観、キャラ、ストーリー、見せ場、音楽、翻訳…映画を構成する全てがこれほどの完成度を誇った映画は他にないだろう。少なくとも娯楽性のブロックバスター大作では快挙だ。ギレルモ・デル・トロのアーティスティックなマニア愛が注入されて、私たちの夢が具現化した巨大ロボットが動いているのだ。その精神性を支える文化やコンテンツに関われたことを嬉しく思っているし、本当に心の底から作品を生み出したことに感謝したいと思う。