空気人形

空気人形

私は人形。今日も誰かのために体を捧げる

世界的に高く評価されている是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化し、ペ・ドゥナ主演で心を持ったラブドールの成長を描くドラマ。女性の「代用品」として作られた空気人形ののぞみに、ある朝「心」が芽生え、持ち主の秀雄が留守の間に街へ繰り出すようになる。そんなある日、レンタルビデオ店で働く青年・純一に出会い、密かに想いを寄せるようになった彼女は、その店でアルバイトとして働くことになるが…。

原題:空気人形 / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年9月26日 / 上映時間:116分 / 製作会社: / 配給:アスミック・エース

【無料動画】

空気人形

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

時々一風変わった他では絶対にない映画を見たくなる時があります。そんなときは動画配信サービスで探して見ましょう。ネット環境さえあれば、いつでもどこでも、あなたの手にするスマホでも視聴ができます。再生機能も充実していて、途中からの鑑賞も可能ですし、再生画質も選択できます。しかも、無料試用キャンペーンによって、あらかじめ決まった期間であれば、料金をかけることなく視聴が可能です。映画動画を無料で見るチャンスです。この機会は人によって違うのでぜひ自分のチャンスを忘れずにものにしましょう。

そこで自分の見たい作品がどの動画配信サービスで見ることができるのか。それを知りたいときは、このページで表示しているVODを参考にしてください。フリムビ2では動画視聴可能なサービスを案内しており、その配信情報も適宜更新しています。あなたの見たい作品があれば、ぜひそのVODの動画リンクを確認して、実際の配信を最終チェックしましょう。

『空気人形』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:是枝裕和(関連作品:『歩いても 歩いても』)
脚本:是枝裕和
撮影:リー・ピンビン
音楽:World's end girlfriend

★【キャスト】
ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.03.69/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
空気で膨らますお人形が動き出してレンタルビデオ屋さんでバイトするファンタジー。公開当時すごく評判良かって見てみたいと思ってたの勇気出して!お人形のぺ・ドゥナがすっごくきれいでかわいくてキュンキュンする。冒頭、板尾さんがダッチワイフ(言っちゃうけど)と暮らす様子がとても清貧でつましく、なのにお部屋の小物がかわいいものいっぱい。ぺ・ドゥナの全裸を惜しげもなく披露するサービス精神と役者魂はお見事であり、それをあえてエロティックに撮らないのも逆に素晴らしいと思う。
●映画FUN  
予想していたよりも、痛く、辛い作品だった。心をえぐられるような。電車の進行方向と反対向きに、座る。その瞬間に感じる苦しいほどの切なさと寂しさは、ちょっと耐えられない。自分を置いて、勝手に疾走していく世界、抗えない無力感。どうして、ここに座って息をしているのかと、不意に考えて、心が冷えていくのを感じる。本作は、そんな電車の一幕から展開していく。孤独を抱えた男がすがり付く一体の人形が何らかのきっかけで心を持ち、閉塞の家を飛び出して大都市「東京」へと足を踏み出していく。
●BILIBILI 
大まかなストーリーだけをもって想像すれば、下手すれば「誰もいないはずの部屋で、人形が勝手に動き、部屋を変えていく異色のホラー」になってしまう奇妙奇天烈な要素が溢れる。しかし、観客はすぐにその寂しさと、乾いた虚しさが塗りたくられた世界を、見せ付けられることになる。あらゆる世代の人間達に向けた、毎日への小さなエールが輝く一本だ。確かにああいう扱いをされている表面だけみれば悲しいことのだけど。そこだけではないのかも。
●DAILYMOTION
空気人形いわゆるダッチワイフが心を持ってしまったら、という起点に始まり、そこから極端なファンタジーにせず、あくまで人間の日常に焦点をあてる。性的処理のダッチワイフが日本社会を観ていくというのも面白いし、そこであえて社会風刺的な説教もなく、ただ淡々と観察が続くのもユニーク。心の寂しさは、肉体的な快楽では当たり前だけど埋まらないということを、人形が痛感していくエピソードは苦しくも、どこか少しの開放がある。