奇跡(2011)

家族はいつも一緒とは限らない

「誰も知らない」「空気人形」の是枝裕和監督が、2010年3月の九州新幹線全線開通に沸く九州を舞台に描く家族ドラマ。主演は、兄弟お笑いコンビ「まえだまえだ」の前田航基と前田旺志郎。両親の離婚で鹿児島と福岡に離れて暮らす兄弟が、新幹線の全線開通をきっかけに、バラバラになった家族を取り戻そうと奮闘する姿を描く。共演に夏川結衣、阿部寛、原田芳雄、樹木希林ら是枝作品の常連が顔を揃える。

原題:奇跡 / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年6月11日 / 上映時間:127分 / 製作会社: / 配給:ギャガ

【無料動画】

映画『奇跡』予告編

映画『奇跡』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼無料動画を見る方法▼

心温まるヒューマンドラマを見たいのであれば、動画配信サービスを活用してみるのはどうでしょうか。現在も利用者が増加傾向にあり、アンケート調査では6人に1人が利用しているデータもあるほど、身近なツールとなりました。今後もさらなる普及が推測されています。まだ利用していな人はぜひこの機会に考えてみませんか。しかも、無料お試し期間があるので、いきなり料金を支払って、やっぱり自分に合わなかった!とがっかりするようなことは起こりません。じっくり本当にこれは自分にぴったりかどうか評価することができます。もちろん、その間は映画動画を無料で視聴できるわけです。

では自分の見たい作品を扱っている動画配信サービスはどれなのか。それを判断するときはぜひこのページを活用してください。配信状況を整理し、配信中のサービスを表示して案内しています。他サイトと違って、情報の更新をしっかり行っているので、情報の鮮度が高めです。それでも配信は流動的なので、最終的には動画サイト上でチェックする作業が必要になりますが、確認のステップが大きく減少することができるでしょう。

『奇跡』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
撮影:山崎裕
音楽:くるり

★【キャスト】
前田航基、前田旺志郎、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画フリー
長男と次男の性格の違いが親の都合で別々の生活を余儀なくされた時にそれらにどう向き合っていくのかが子供時代のエピソードを通して描かれた微笑ましい秀作だと思います。是枝監督が九州新幹線で映画撮りません?というオファーを最初は渋りつつ作り上げだというこの映画。個人的には大人は考えない事の方が多いというかおとなには色々見えすぎて考えるのが面倒になってくる。それをすっきりさせてくれるような優しい映画だった。
●映画の無料動画で夢心地 
是枝裕和監督の才能をまざまざと見せつけられました。この子役の演技を自然に引き出す力。日本映画史上トップクラスだと思います。大人が子供の話をするとついつい無邪気さとか、ピュアさがクローズアップされがちだけど、この映画ではその純白さではなくて、そこに色が付くまさにその瞬間をこそ最も尊いものとして描いているのが本当に素晴らしい。是枝裕和監督による「家族」をテーマにしたドラマのなかでも私のなかではベストだ。
●BILIBILI  
なぜこの都合の悪い世界はこうも美しいのかという事を子供の視点を通して描かれた驚異的傑作でした。視点を子どもにしているので、その描き方は独特ではあるのですが、それゆえに「ああ、この日本社会もこんな風に見えるんだ」という発見がありました。楽観的で現実的な弟と真面目で不器用な兄の対比がじわじわくるし、あとは橋本環奈が抜群にロリ全開なのも、なんだか今となっては新鮮な気もする。もうこの子たちもすっかり成長したな…。
●VIDEOEYNY
本当に人生の1ページを切り取ったみたいな映画。大人になったらそんなこともあったなとうっすら思い出すだけだけど、子どものときはそれが全てだった。人生を埋め尽くす出来事だった。そんなことがあったのだ。是枝監督はどんなテーマでもお涙頂戴にしないで、適切に距離をとるのが素晴らしい。後半の和製「スタンド・バイミー」には無条件でワクワクしたし、隠れた名作として永遠に語り継いでいきたい作品になったと思う。