メガ・シャークVSメカ・シャーク

史上最強のサメと最終兵器が禁断の対決に挑む!

モックバスター(大ヒット作を模倣したB級作品)を多数手がけるアサイラム社製作による、超巨大サメの恐怖を描いたパニック映画「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」(2009)、「メガ・シャークVSクロコザウルス」(11)に続くシリーズ第3弾。過去に2度も世界を恐怖に陥れたメガ・シャークが三度出現。以前にも増した獰猛さを発揮し、世界各地で暴れまわる。この事態に対し、国連は科学技術の粋を結集して作り上げた最終兵器「メカ・シャーク」を稼働させるが…。

原題:Mega Shark vs. Mecha Shark / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2014年5月18日 / 上映時間:86分 / 製作会社:アサイラム / 配給: / 前作:『メガ・シャークVSクロコザウルス』 / 次作:『メガ・シャークVSグレート・タイタン』

★【スタッフ】
監督:エミール・エドウィン・スミス
脚本:H・ペリー・ホートン、ホセ・プレンデス
撮影:アレクサンダー・イェレン

★【キャスト】
エリザベス・ローム、クリストファー・ジャッジ、デビー・ギブソン、マット・レーガン、ハンナ・レビーン

【無料動画】

映画『メガ・シャークVSメカ・シャーク』予告編

映画『メガ・シャークVSメカ・シャーク』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Mechashark


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月5日) 
メガシャークのシリーズ中でも最高にタイトルが決まっていると思う。だってこれだけでバカ映画であることが一目瞭然なのだから。ある意味、ゴジラvsメカゴジラと同じノリなのだが、なんだろう、このチープさは。CGのマイナス要素を全て発揮したかのような作品でここまで全部がシュートを外していると、もうわざとなんじゃないかという気さえしてくる。それでもこのシリーズを愛する人がいうのは世界はまだ平和な証拠だ。だから安心した。
●映画FUN (2016年1月7日) 
お話の辻褄とか映像のクオリティとかそういうのを気にする人は直ちにお帰りください。ここから先はツッコミだけを歓迎する、異次元サメワールドの始まりです。メカシャーク潜水艦+人工知能ロボと女性パイロットでメガロドンに対抗するものの、撃つミサイルいちいち味方の戦艦にあたり数千人殺す事態は大変ですが、良いのです。この世界は人命はたいして問題ではありません。大事なのはとりあえず攻撃してみることです。おわかり?
●OPENLOAD (2016年1月9日) 
世界中を震撼させる圧倒的驚異に立ち向かう、ある夫婦の物語。シリーズ最大のスケールで描かれるSFバトルと緻密に練り上げられた人間ドラマ。勝つのは生物史上最強のサメか、陸海空を駆ける人類の叡智か。この過激な対決の結末を知る覚悟はあるか。はい、珍作です。怪獣映画っぽいテイストはあるけど、結局なんなのと言わざるをえないバカ映画。アメリカ軍は飾りです。生態系の頂点を決めるのではない、底辺を決める戦いです。
●DAILYMOTION (2016年1月13日) 
大抵のクソ映画は許せるようになった。ありがとうメガシャーク。世界が素敵に思えるようになった。サンキュー、メガシャーク。どんなジョークも笑えるようになった。やるじゃないか、メガシャーク。つまり、この映画は人生を豊かにするのです。いや、人生が豊かだったことを気づかせてくれるのです。史上最強のこの戦いはそういう私のような陳腐な人間に生きる価値を与えるための応援歌だということ。これ以上の傑作はありますか?