トワイライト ささらさや

あなたがいなくなっても、私は生きている

加納朋子の小説「ささら さや」を映画化し、女優の新垣結衣が自身初の母親役に挑んだファンタジードラマ。サヤは夫のユウタロウを突然の事故で亡くしてしまう。人に対して疑いを抱かないサヤが、一人で息子を抱えることを心配するユウタロウ。成仏できずに、いろいろな人の体に乗り移って、サヤのために手助けをすることに。のどかでどこか不思議な町ささらの人々に助けられながら、サヤは母親として成長する。

原題:トワイライト ささらさや / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年11月8日 / 上映時間:114分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

トワイライト ささらさや 本予告

© 2014 映画『トワイライト ささらさや』製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

人生において心の浄化のためにもリラックスするような映画を見たいと思うときがあります。そんなときにオススメなのが、動画配信サービスです。中にはいないと思いますが、違法なサイトに手を出す人もいるかもしれません。しかし、それは法的な問題は当然として、セキュリティや視聴体験としても決して良いものは何もありません。そもそも今は動画配信サービスという非常に便利なものがあるのですから、これを利用しない手はないです。無料お試し期間もあるので、気軽に使用してみて、自分に合っているかどうか判断するのが良いのではないでしょうか。

ではどの動画配信サービスで視聴できるか疑問に思っている方。このページでは視聴可能なサービスを整理しています。情報は適度に更新されるので、この作品が配信されていなかった!とショックを受けることも少なくなるはずです。それでも作品配信は流動的に変化するので、必ず動画リンクから実際のサイトで配信の有無を最終チェックするようにしましょう。

『トワイライト ささらさや』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:深川栄洋
脚本:山室有紀子、深川栄洋
撮影:安田光
音楽:平井真美子

★【キャスト】
新垣結衣、大泉洋、中村蒼、福島リラ、つるの剛士、波乃久里子、藤田弓子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.53/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
全体的にバランスの良い映画でした。話の作り方、キャラの引き立てが非常に上手い作品だった。次々と起こるどんでん返しとストーリーが相混ざりあってわかりやすく楽しめた。そして大泉洋の演技。やはり秀逸である。それだけではなく、様々な登場人物が意気揚々と演技するとこもまた秀逸。新垣結衣の母親の演技力も秀逸だった。エンドロールでコブクロさんの歌。これが感動をそそる。癒しという意味では最高に良くできた映画ではないか。
●映画FUN  
前半より後半にかけてこの題材が深みを増していて実に考えさせられた。いつか離れ離れにならなければいけない。残された妻と我が子。ユウスケもまた涙ながらにさやに語りかける。いいところでいつもかゆくなってタイムリミットになるあたりは滑稽で面白かった。そしてやってくるお別れの時。ここは夫ユウスケに感情移入してせつなくなった。でもさやがラストでしっかりとしたまなざしで空を見つめていて後味よくなんかほっこりあったかい気分に。
●BILIBILI 
ガッキーと結婚、一人息子をもうけて四ヶ月で事故で死んじゃった大泉洋。ガッキーが心配で成仏できずに、誰かの姿を借りてあらわれる。これだけ聞くとカオスだが、実の中身はもう優しさがにじみに出るような映画でした。ときどき映される「ミニチュアのような風景(神社の鳥居、田舎を走る列車など)」が印象的で、死者から見た現世の世界を抽象的に映し出しているようで、意味深です。「俺だってずっと二人と一緒に居たかったよ」という明らかに号泣必須のセリフにまんまとやられてしまい…。
●DAILYMOTION 
最初はコメディタッチの作品かと思ったけど、後半の畳み掛けで涙が止まらない事態に、自分でも思わぬほどの感情を揺さぶられてしまった。ズルい。結局、自分が毛嫌いしていた父親と同じように妻と子を残してしまったという境遇や実はとても家族思いであるという共通点など、根本にあるようなテーマは父親の思いというのが顕著に現れている、実はファザー映画なんですね。人生経験によって、映画の見方が変わるといいますが、これもきっと変化してしまうのだろうなと思います。