KANO 1931海の向こうの甲子園

甲子園に台湾代表が出場したことを知っていますか?

日本統治下の1931年、台湾代表として全国高校野球選手権に出場し、準優勝を果たした嘉義農林学校(通称:嘉農=かのう)野球部の実話を描いた台湾映画。「海角七号 君想う、国境の南」や「セデック・バレ」2部作など、日本統治時代の台湾を舞台にした作品で大ヒットを生み出してきたウェイ・ダーション監督が製作、「セデック・バレ」にも出演した俳優マー・ジーシアンが初監督を務めた。1929年、嘉義農林学校の弱小野球部に、日本人の監督・近藤兵太郎がやってくる。甲子園進出を目指すという近藤の下、厳しい練習に励む部員たちは、次第に勝利への強い思いを抱くようになる。そして31年、台湾予選大会で大躍進し、常勝校を打ち負かして台湾代表チームとして甲子園へ遠征した嘉農野球部は、決してあきらめないプレイスタイルで日本中の注目を集める。

原題:KANO / 製作:台湾(2014年) / 日本公開日:2015年1月24日 / 上映時間:185分 / 製作会社: / 配給:ショウゲート

★【スタッフ】
監督:マー・ジーシアン
脚本:チェン・チャウェイ、ウェイ・ダーション
音楽:佐藤直紀

★【キャスト】
永瀬正敏、坂井真紀、大沢たかお、伊川東吾、ツァオ・ヨウニン、チャン・ホンイ

【無料動画】

映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月1日) 
日本占領下の台湾にある嘉義農業高校の野球部が、名古屋松山高校を甲子園に導いた鬼監督と共に甲子園を目指す話。これはアツいスポコンです。友情、努力、勝利、正に三拍子そろった圧倒的な快作に震えました。日本統治下の台湾の様子、当時台湾に住んでいた日本人の暮らし、台湾の地方都市「嘉義」の風景、日本が建設したダムや橋の話しは聞きかじってはいたが、映画で見て色々と勉強になりました。歴史も学べる教材価値もあるいい映画ですね。
OPENLOAD (2016年1月3日) 
台湾作品ではベスト級。映画は180分と非常に長いが、前半部でも日本統治下における台湾と日本の関係や、台湾人のアイデンティティといった面が丁寧に描かれており、退屈なんてしない。終盤の甲子園の場面では、嘉農の選手たちの力闘が一戦一戦描かれ、手に汗握り、いつのまにやら前のめり。過去に例のない迫力あるプレイシーン含め野球に少しでも興味あれば心に響くこと必至。日本映画よ、野球映画に関しては台湾に5回コールド負けレベルだぞ!
DAILYMOTION (2016年1月9日) 
野球の王道のような展開が泣けます。涙する選手にそこにあえて厳しくする監督。そして甲子園を目指して、台湾大会で勝ち進んでいくと周りは最初の評価は低かったけど、しだいにブームになっていく盛り上がり展開。ちょっとその流れが「インビクタス」に似ている気もします。キーとなるのやはり指導者。近藤先生は「日本人も漢人も高砂族も同じ野球が好きな球児たちなんです」と平等に甲子園を目指し、導いていく。こういう人は必要ですよね。