映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

どっちが本物の父親か、勝負だ!

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の長編劇場版22作目。ある日、ぎっくり腰を治しにマッサージに出かけたひろしが、突然ロボットになって帰ってくる。妻のみさえは驚き戸惑うが、ロボットになったひろしは料理も家事もでき、リモコン操作も可能で便利だった。しかし、それらはすべて、家庭での立場が弱くなってしまった日本の父親たちの復権を目論む謎の組織「父ゆれ同盟(父よ、勇気で立ち上がれ同盟)」の陰謀によるもので、やがて正気を失った父親たちによる「父親革命」が勃発。野原家や春日部市は崩壊寸前の危機に陥るが、ロボットのひろしが息子しんのすけとともに立ちあがる。

原題:映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年4月19日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

映画『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

世代を超えて末永く愛されている作品シリーズはそれだけ魅力が詰まっている証拠です。そんなファンもいっぱいいる作品を観たことがない人、もう一度見返したい人、どちらもオススメなのが動画配信サービスです。このサービスはシリーズものに強く、作品が一挙配信していることが多いので、一気に見ることができ、連続して鑑賞すればその世界観にどっぷりつかれます。こんな風に全部を簡単に見れるのは他にはない体験です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:高橋渉
脚本:中島かずき
主題歌:きゃりーぱみゅぱみゅ

★【キャスト】
矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ、武井咲、コロッケ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.04.45/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
個人的にはオトナ帝国の次にいいかもしれないクレしん作品。最後の腕相撲のシーンは涙なしではみられませんでした。子供向け映画というところもあり、要所要所に笑えるピースを仕込ませているためとても見やすくなっているが、テーマとしては非常に重たい作品。ある日突然自分の体が機械に変わって、目の前にいる生身の自分に「お前は偽物だ」と言われ、家族からもそう思われてしまう。考えただけでも恐ろしい。結構ホラーだ。
●映画フリー
これは名作級のクレしん映画。久々の傑作が生まれました。機械の体ではあるものの、それはヒロシが生まれてから今まで刻んできた経験や思い出を持ったヒロシそのものであり、まさにヒロシが二人いる状態でストーリーが進んでいく。予想されるラストは、分かっていても泣いてしまう。ラストを盛り上げるための伏線も秀逸で素晴らしい。父親視点の葛藤の描き方が本物であり、こういうのを待っていたというファンも多いはず。
●BILIBILI  
絶対見ることができないであろう彼の死に際の行動をロボットを通して見せてくれたこの映画。2004年の「カスカベボーイズ」以降クレしん映画から遠ざかっていたが10年ぶりに映画館に観に行き号泣した。感動するシーンはたくさんあります。この作品は、本当に子どもではまだまだ深くまで理解することが出来ない作品だと感じました。この作品は、クレヨンしんちゃんのシリーズでも、かなり良作品だと感じました。また観たいと思わせる作品です。
●CRUNCHYROLL 
ぜひ子どものときにこの映画を観たという人は、大人になってからこの映画をもう一度見返してほしいですね。きっと心に全く別のものが刺さると思います。それだけ素晴らしいの一言で片づけたい映画なのですから。本当にどうしてこんな名作を生み出せるのか。もちろんギャグも輝いていて、とくに終盤のあのロボットはどういう神経しているんだというテンションです。子どもにはわからないですよね、これ。
クレヨンしんちゃん

★【劇場版 クレヨンしんちゃん を総復習!】

  • 第1作『アクション仮面VSハイグレ魔王』
  • 第2作『ブリブリ王国の秘宝』
  • 第3作『雲黒斎の野望』
  • 第4作『ヘンダーランドの大冒険』
  • 第5作『暗黒タマタマ大追跡』
  • 第6作『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』
  • 第7作『爆発!温泉わくわく大決戦』
  • 第8作『嵐を呼ぶジャングル』
  • 第9作『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
  • 第10作『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』
  • 第11作『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』
  • 第12作『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』
  • 第13作『伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』
  • 第14作『伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』
  • 第15作『嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』
  • 第16作『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』
  • 第17作『オタケベ!カスカベ野生王国』
  • 第18作『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』
  • 第19作『嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』
  • 第20作『嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』
  • 第21作『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』
  • 第22作『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』
  • 第23作『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』
  • 第24作『爆睡!ユメミーワールド大突撃』
  • 第25作『襲来!!宇宙人シリリ』
  • 第26作『爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』

サイトについて

シェアする

フォローする