キャノンレース

スカンジナビア半島2200キロを激走!

スカンジナビア半島2200キロ縦断の公道レースを描いたノルウェー発のレース映画。愛車のマスタングだけが生きがいのロイ。速度違反120回、離婚歴2回という彼は自動車修理工場を経営し、地元サーキットの常勝チャンピオンでもあった。ある日、彼のもとに長年のライバルレーサーであるTTから勝負を持ちかけられる。そのレースは、首都オスロをスタートしノルウェー最北端のノール岬を目指す、2200キロにも及ぶ長距離を競う前代未聞の公道レースだった。ライバルの勝負をうけてたつロイだったが、ひょんなことから、現在は離れて暮らす14歳の娘ニーナとともにレースに参加することになる。北欧中から走り屋たちが結集し、総勢26チームによる世紀の大レースがスタートした。

原題:Borning / 製作:ノルウェー(2014年) / 日本公開日:2015年5月2日 / 上映時間:93分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ハルバルド・ブレイン
音楽:マグヌス・ベイテ

★【キャスト】
アンダース・バースモー・クリスチャンセン、ヤニー・スカブラン、スベーン・ノルディン

【無料動画】

ノルウェー発のド派手なカーアクションムービー!映画『キャノンレース』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年1月15日) 
車でバカげたアクションを作るのはアメリカの専売特許じゃなかったのかということを思い知らされる。やたらとクルマがジャンプしまくるノルウェー産スカイミッションです。ちなみに、この映画はカースタント映画の巨匠であるハル・ニーダムに本作は捧げられています。愛はあるんですね。田舎の一本道なんて、実に気持ち良さそうなドライビングシチュエーション。なるほど、ノルウェーの利点を最大限に活かしているわけだ。日本じゃ無理です。
映画FUN (2017年1月19日) 
北欧の道を飛ばすのって気持ち良さそうです。キャノンボールをオマージュした首都オスロから最北端のノール岬への公道レースのお話がこの映画キャノンレース。良い子は真似したらダメ…というか、日本では実現できないような立地を生かしたアクションは羨ましいくらいです。ノルウェー映画はあまり観たことないけど、景色は綺麗だし最後のオチが「ヴァイキングってそういうことか!」って新鮮でした。北欧もたまにはぶっとぶのですね。
STREAMIN (2017年1月27日) 
これは良い意味で期待を裏切った。レース映画なんだけど、長距離レースってのが新しくて良い。邦題は同じく長丁場のレースをテーマにした「キャノンボール」にあやかったのでしょう。いや、本編もかなり意識したつくりな気がします。ノルウェーとスウェーデンの大自然の中を疾走する映像はダイナミックで迫力がありました。「ワイルドスピード」みたいな派手さは無いですが、別軸のドライビング・アクションとして楽しむのは良いと思います。
OPENLOAD (2017年6月23日) 
北欧の美しい景色の中をおじさん達が見境なくとにかくひたすら爆走する。主人公が操るマスタングはもちろん、レース終盤で86が魅せる怒涛のドリフトが素晴らしかったし、映像的なみどころはちゃんと用意されている。ところどころで挟まれるあまりにもベタなギャグも意味不明さも含めて、逆に笑える。大自然を走るのが雄大で気持ちいいだろうし、そりゃあ走りたくもなるだろうなと納得。速度制限とか現地の人は守っているのかな。