夫婦フーフー日記

夫婦の感動ドラマ

佐々木蔵之介、永作博美主演により、実話ブログから生まれた同名原作を感動ドラマとして映画化。出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の闘病記としてつづられていく。夫婦待望の赤ん坊が誕生し、家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメは病状が悪化し他界してしまう。そんな折り、ブログに書籍化の話が持ち上がり、ダンナは原稿に向き合うことで現実逃避をする。そんな彼の前に、死んだはずのヨメが現れる。原稿をまとめたいのに、ちゃちゃを入れるヨメ。次第にふたりは夫婦として過ごしてきた日々を振り返り、伝えられなかったそれぞれの思いを見つけることになる。

原題:夫婦フーフー日記 / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年5月30日 / 上映時間:95分 / 製作会社:「夫婦フーフー日記」製作委員会 / 配給:ショウゲート / 製作費: / 興行収入:1.22億円

【無料動画】

『夫婦フーフー日記』予告編

(C)2015川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

泣けて笑えるコメディハートフルドラマが見たい。そんなときは、利用者が順調に増加中の動画配信サービスを活用しましょう。当初は珍しいサービスでしたが、今ではユーザーの数は急増。当たり前のツールになりました。利用者の声も満足度高め。もう手放せない人も多いです。さらにこれは無料お試し期間というものも用意されていて、その期間中は料金を請求されることもありません。つまり、実質タダです。もしその期間中に見たい作品を見尽くしたのであれば、解約しても構いません。結果、お金を1円も払わずに映画鑑賞することさえもできてしまうのです。これをお得といわず何をお得というのでしょうか。

ところがとうの動画配信サービスは山ほどあるので、どれで視聴したい作品が見れるのかがわかりにくいのが欠点です。そこでこのページでは視聴可能なVODを整理しています。もしどれも扱っていなくても大丈夫。最後の手段としてDVDレンタルの活用もあります。こちらも旧作であれば無料期間中に利用ができるので、結果、お得な鑑賞ができることには変わりありません。

『夫婦フーフー日記』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:前田弘二(関連作品:『わたしのハワイの歩きかた』)
脚本:林民夫、前田弘二
撮影:伊藤寛
音楽:きだしゅんすけ

★【キャスト】
佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗、梅沢昌代、大石吾朗、宇野祥平

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.1/5.03.18/5.003.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
闘病日記とはいえ、テンポの良い掛け合いで全く重い雰囲気はなく、普通の何気ないストーリー。でも、そこが良かった! 間延びせず、最後まで楽しめました。掛け合いや、永作博美さん・佐々木蔵之介さんの演技の良さで成り立つ映画なので、細かいことは、気にしない方が良いかと。雰囲気を楽しみましょう! そうすればきっとあなたもこの夫婦の温かさに心がほぐされ、おのずと目頭が熱くなり、体がふわ~と浄化されていくでしょう。
●BILIBILI 
愛しい人を失っても幻でも幽霊でもこうして語り合えたらいいな。忘れない限りきっとそばに居てくれる。夫婦の数だけいろんなストーリーがあるし、その数以上に自分達を愛おしく思ってくれている人々がいる。凹んでる心が救われる。救われたい人はこの映画が手助けになってくれるはずです。永作博美も佐々木蔵之介もコメディとそうじゃないパートの切り替えが抜群で、これがプロの技だというのも存分に楽しませてくれるので最高です。
●VIDEOEYNY 
妻ががんであるが、決して重い物語ではないのが特徴。一番危惧していたお涙ちょうだい物語とは違う作品だったのでほっとした。浩太の前に亡くなった優子が幽霊として現れるが、コミカルに描かれているという部分も、感情任せにしない安心さがある。映画の根底を覆しかねない嘘をサラッと言い、うそなんかーい!のツッコミで一瞬でネタは過ぎ去るというあまりに豪快なフィクションっぷりには度肝を抜かされたが。暇つぶしにはいい映画です。