くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ

世界の映画祭で称賛されたアニメーション

「アンジュール ある犬の物語」などでも知られるベルギーの絵本作家ガブリエル・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したフランス製長編アニメーション。大きくて無愛想なクマのアーネストおじさんと、小さなネズミのセレスティーヌが織りなす温かな友情を描く。腹ペコでゴミ箱をあさっていたアーネストおじさんは、ネズミのセレスティーヌを飲み込みそうになる。セレスティーヌは「私を食べなければ、かわりにあなたが世界で一番欲しいものをあげる」と提案し、食べられることを免れる。この出会いをきっかけに、アーネストとセレスティーヌの間には不思議な友情が芽生えていく。

原題:Ernest et Celestine / 製作:フランス(2012年) / 日本公開日:2015年8月22日 / 上映時間:80分 / 製作会社:La Parti Productions / 配給:ギャガ・プラス

★【スタッフ】
監督:バンジャマン・レネール、ステファン・オビエ、バンサン・パタール
脚本:ダニエル・ペナック

★【キャスト】
ランベール・ウィルソン、ポーリーン・ブロナー

【無料動画】

映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』予告編

映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 97%

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
ベルギー発祥の絵本から生まれた映画。絵本原作いいよね。原作らしい柔らかいタッチの画で、ストーリーも絵本らしくてあったかくなりました。米国版の声優が恐ろしく豪華。アーネストおじさんにフォレスト・ウィテカー、ねずみの歯医者さんにウィリアム・H・メイシー、院長先生にローレン・バコール。仕方ないかもしれないけど、日本での扱いがほんとにマイナーなのが悲しい。みんなTVアニメの劇場版ばかりの国民性ですからね、う~ん。
DAILYMOTION (2016年3月9日) 
ビジュアルががっつり好み。ガブリエル・バンサンの魅力的な水彩画のようなタッチの画風は素敵だったし、テーマは「異質なもの同士の友情、相互理解」を描いていて、社会的でもあるし、とても良かった。後半、アーネストとセレスティーヌが一緒に家で過ごす所は色彩も豊かでワクワクしたし、一つ一つのセリフが真面目で優しく、裁判所のシーンでは思わぬ展開に心がほっこりした。どうせ子ども向けと舐めてる人はぜひ一度鑑賞してほしいです。
CRUNCHYROLL (2016年3月29日) 
絵本のような独特のタッチで描かれた世界観には見惚れるものがあり、80分という短尺ながらもユーモアやアクションといった娯楽要素もたっぷり盛り込まれています。勿論パッケージとかを見ると子どもが好んで見る作品に思えますが、逆に大人にこそ観てほしいと思える大事な作品です。社会には認められない者同士でも、相手の事を認められる者同士が似たような答弁をするシーン。どうして仲良くできないのか、大人にこそ突きつけられるテーマです。