007 スペクター

007 スペクター

シリーズ第24弾。史上最悪の強敵が現れる

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じる「007」シリーズ第24作。「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンドは、そこに隠された謎を追って単身メキシコ、ローマと渡っていく。その過程で悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルキア・スキアラと出会ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を突き止める。しかし、敵はボンドの予想もつかないほど巨大な影響力を持っていた。

原題:Spectre / 製作:イギリス(2015年) / 日本公開日:2015年12月4日 / 上映時間:148分 / 製作会社: / 配給: / 前作:『007 スカイフォール

★【スタッフ】
監督:サム・メンデス
脚本:ジョン・ローガン、ニール・パービス、ロバート・ウェイド、ジェズ・バターワース
撮影:ホイテ・バン・ホイテマ
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
ダニエル・クレイグ、クリストフ・ワルツ、レア・セドゥー、レイフ・ファインズ、モニカ・ベルッチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デビッド・バウティスタ、アンドリュー・スコット、ステファニー・シグマン、ネーヴェ・ガチェブ、イェスパー・クリステンセン

【無料動画】

映画『007 スペクター』予告2 2015年12月4日公開

© 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 64%

第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主題歌賞を受賞。

★【雑学(トリビア)】
・1961年の『サンダーボール作戦』製作の際に「スペクター」という組織の名称等の権利をめぐり、原作者と当時のプロデューサーの間で訴訟が起きて決裂したため、長らく「007」シリーズでは「スペクター」という言葉は使えなかった。本作で権利問題が解決したため、久しぶりの「スペクター」の登場となる。
・おなじみのオープニングでのガンバレル・シークエンスは『ダイ・アナザー・デイ』以来13年ぶりとなる。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画FUN (2017年1月24日) 
前作がかなりシリーズの中でも特異な一作でしたが、同じ監督による今作は原点回帰的というか、いつもの派手でめちゃくちゃなアクションによるスパイ映画のノリが戻ってきました。驚いたのはダニエルクレイグ版OO7の作品が一応時間軸として同じ世界を共有していたということ。多少無理がありますが、この横暴な設定もまた007らしさということで。今作は序盤のメキシコの死者の日のシーンの華やかさなど、いきなり見どころがあって最高です。
●VUDU (2017年7月24日) 
著作権的に「スペクター」という単語が使えなかった制約から脱し、ついにシリーズ定番のあの悪役が登場。ファンなら当然テンションが上がる。ダニエルクレイグのボンドにもすっかり慣れて、おなじみのキャラにも愛着を持ち始め、この世界観にも馴染んだピークにこの映画が生まれたので、一番安定感がある気がします。雪山滑走シーンなど意味不明なほどのダイナミックさは今作も健在。あと10作はダニエルクレイグで007を見たいのに…。