ラスト・ナイツ

紀里谷和明が「忠臣蔵」を大胆にアレンジ

「CASSHERN」「GOEMON」の紀里谷和明監督ハリウッド進出作品で、クライブ・オーウェンとモーガン・フリーマンが主演。「忠臣蔵」をベースに、よこしまな政治が幅を利かせる封建的な帝国での騎士たちの物語が描かれる。大臣への賄賂を断り、反逆罪を勧告されたバルトーク卿に死罪が下された。最も残忍な処刑方法によるその死罪は、愛弟子ライデンの手による斬首だった。バルトーク卿の首を自身の刀で落とすこととなったライデンと仲間の騎士たちは、無念の思いで復讐の時を待ち続けた。そして1年後、ライデン率いる気高い騎士たちは、主君バルトーク卿の不当な死に報復する戦いをはじめる。

原題:Last Knights / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2015年11月14日 / 上映時間:115分 / 製作会社:Grindstone Entertainment Group / 配給:KIRIYA PICTURES

★【スタッフ】
監督:紀里谷和明
脚本:マイケル・コニーベス、ドブ・サスマン
撮影:アントニオ・リエストラ
音楽:マーティン・ティルマン、サトナム・ラムゴトラ

★【キャスト】
クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、伊原剛志

【無料動画】

映画『ラスト・ナイツ』予告編/ 11月14日 全国ロードショー

映画『ラスト・ナイツ』予告編/ 11月14日 全国ロードショー


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
紀里谷和明のハリウッド進出作品。宇多田ヒカルの元旦那ってくらいしか知らなくて『CASSHERN』、『GOEMON』はまだ観ておりません。忠臣蔵に詳しくないので、忠臣蔵がもとになっているとは最後まで気付かず…。でもそれくらいのノリでじゅうぶんでしたね。クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンと出演者も非常に豪華で魅力的。色彩が独特で、男臭いところも良い。日本人の監督が頑張っているので個人的には応援していきたいと思います。
映画FUN (2016年1月14日) 
忠臣蔵の西洋版らしい。なるほど、ハリウッドだと日本人でもこんな映像が撮れるんだなと思った。序盤の緊張に反して意外とあっさり終わってしまった感は否めず、良くも悪くも分かりやすいけどインパクトに欠ける感じがする。ただ、作品の雰囲気自体はかなり好みで最も褒めるべきは衣装だと思った。衣装はかなり良いできている。悪役も全員揃ってかっこいい。このビジュアルへのこだわりはこの監督らしいもので、紀里谷和明ワールドだった。
STREAMIN (2016年1月17日) 
武士道の概念を騎士道に置き換えた作品の為、日本人には受け入れやすいと思われる。アクションシーンはなかなかの見応え。物語の起承転結もハッキリしていてバランスは大変良い。社会背景や、武士道・騎士道の違いを言い出すと、この作品はただのファンタジーになってしまうからさておき、自分は好きな作品です。やはり元の忠臣蔵に思い入れがあるといろいろノイズになるのかな。ちょっとモーガンフリーマンの存在力に頼りすぎですけどね。