TOKYO CITY GIRL

TOKYO CITY GIRL

東京に生きる少女たちの物語

「オー!ファーザー」の藤井道人をはじめとした6人の新鋭監督と、注目の若手女優たちがタッグを組み、東京で生きるごく普通の少女たちの姿を描いたオムニバスムービー。母親を亡くし、落ち込む父を励まそうとする少女を描いた「なんの意味もない」(主演:青山美郷/監督:原廣利)、恋を知らない女殺し屋が主人公の「キッスで殺して」(主演:遠谷比芽子/監督:山口健人)ほか、「HOPE」(女優:比嘉梨乃/監督:山田智和)、「17歳、夏」(主演:田中美晴/監督:藤井道人)、「EAST END」(女優:三浦萌/監督:志真健太郎)、「KOENJI 夢の寿命」(主演:武田梨奈/監督:山田能龍)の6編で構成。

原題:TOKYO CITY GIRL(「トウキョウ・シティ・ガール」) / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年9月5日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

映画「TOKYO CITY GIRL」予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会で生きている人間たちの苦悩や葛藤、欲望が映画として表現されている作品は価値観を刺激する魅力があります。そんな作品を思う存分楽しみたいときは動画配信サービスを上手く利用してみましょう。ネット配信という特性を活かしてさまざまなメリットが存在し、それが支持されている理由になっています。例えば、視聴する媒体が自由に選べたり、ダウンロード機能があったり、多様な検索機能があったり、嬉しいツールがいっぱいです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「TOKYO CITY GIRL」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『TOKYO CITY GIRL』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:山田能龍、藤井道人、志真健太郎、原廣利、山田智和、山口健人
撮影:穴澤勇樹、石塚将巳、今村圭佑、佐藤匡

★【キャスト】
武田梨奈、青山美郷、田中美晴、三浦萌、比嘉梨乃、遠谷比芽子、塚地武雅、前田公輝

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
誘われてあまり期待せずに行ってみたら6編共に想定外な面白さでした。それぞれに異なる趣きがあり一方で少しずつ横串もあり小さな箱で終わってしまうのが勿体無い気がします。モノクロの殺し屋さんがサングラスを取られた顔が可愛い。6人の監督による6本のオムニバス。笑える話、重い話色々あった。重い話は若い監督だと駄目な作品になりがちですが悪くなかった。いろいろ楽しみの多い作品です。個人で楽しみ方を見つけるとよいでしょう。
●映画フリー
どの作品も味わい深く、傑作と呼べるオムニバス。6つのエピソードがそれぞれに違った魅力を放ちつつも、一本の長編映画としての意味もしっかりと持っている。現代の東京における若い女性のリアリティをユーモラスに、ファンタジックに、シリアスに、コミカルに、残酷に、シニカルに。各監督が鋭い目線で描き出している。それでいてしっかりと秀逸なエンターテイメント作品として成立している。実に手の込んだクリエーターたちだ。
●VIDEOEYNY 
キャスト陣の演技も的確で、届けたいものをキチンと届けている。『キッスで殺して』の女殺し屋さんよかった。後半2本の『EAST END』『KOENJI 夢の寿命』は、厳しい現実、そして希望の映画で好きですね。きっと好きな作品は人によって違うと思います。どれかはヒットすると思いますよ。オムニバスは結構ひとつひとつが浅くなってしまうので、好みの問題が出てきてしまうけど、それでも自分の心に刺さればいいのでないかな。