MIRACLE デビクロくんの恋と魔法

クリスマスの夜に起こる奇跡を見届けよう

「嵐」の相葉雅紀が映画単独初主演を務め、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の小説「デビクロくんの恋と魔法」を映画化。男女4人のすれ違う思いと、クリスマスの夜に起こる奇跡を描いたラブストーリー。主人公の光だけが見ることのできる存在で、物語のキーとなるキャラクター「デビクロくん(デビルクロース)」の声を、劇団ひとりが担当した。漫画家になる夢を抱きながら書店員として働く光は、世界的な照明アーティストのソヨンに恋をし、幼なじみの杏奈に相談するが、偶然にもソヨンは杏奈の仕事仲間だった。杏奈は光の恋を応援するが、彼女は幼いころから密かに光に思いを寄せている。一方の光は、大学の同級生で売れっ子漫画家の北山が、かつてソヨンと付き合っていたことを知り…。

原題:MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年11月22日 / 上映時間:114分 / 製作会社: / 配給:アスミック・エース、東宝

【無料動画】

映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』特別PV

映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』特別PV

(C)2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

クリスマスシーズンにぴったりな「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」ですが、観たいと思ったときに気軽に観る方法は意外と少ないのがこの作品の惜しいところ。ジャニーズ作品は扱いが小さいのが、多くの人の不満点としてよく挙げられるのはいつもの流れですが。そんな時に役に立つのが、DVDなどのレンタルサービス。VODでは配信していない作品でも、さすがにDVDくらいは存在します。それを確認すればよいだけの話。今でもDVDは役に立つメディアです。

といっても、配信の可能性もありえますから、多くの動画配信サービスをチェックすると良いかもしれません。DVDを借りてから「ああ、ちゃんと配信されているじゃないか!」とショックを受けることになりかねません。確認するだけは無料なわけですから、そのちょっとの努力を惜しんではいけません。もちろん最終的にはレンタルの無料試用でタダ見がベストなのですが。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:犬童一心
脚本:菅野友恵
撮影:蔦井孝洋
音楽:上野耕路

★【キャスト(キャラクター)】
相葉雅紀(山本光)、榮倉奈々(高橋杏奈)、ハン・ヒョジュ、生田斗真、小市慢太郎、渡辺真起子、塚地武雅、岸井ゆきの

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.0/5.02.29/5.002.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
話は単純だけど、山下達郎さんの音楽と、イルミネーションがXmas気分をさそう。画がとても綺麗。観終わったあとはほっこりする映画。相葉くん初主演おめでとう!本人のキャラどおりの演技でした。素のような感じがして、見ていて安心しますね。お話自体は普通なので、特段変わったオリジナリティは乏しいかもしれません。それでも雰囲気に癒されたいという需要はしっかり応えてくれるものになっているので、ぜひとも鑑賞をお勧めします。
●映画の無料動画で夢心地 
主演の二人がとにかく地味で、内容に起伏が無いのですが、だからこそ感情移入しやすく、特にヒロインの立場が切なくて好感が持てました。主演二人の子供時代が素敵で、思わず泣いてしまいました。ある意味閉じられた世界の話でファンタジー要素が強いため、好き嫌いはあるかもしれませんが、主人公ひかるが実写からアニメにかわるビラ配りのシーン等すごく良かった。ちょっとでも光るものがあったので、個人的には大満足の一作でした。
●BILIBILI  
それぞれの片思いをクリスマスイブという奇跡が織り成す「LOVE」が詰まった一作。まあまあベタな内容なのに、ハマってしまった。相葉くんの演じる鈍感な男。その鈍感男に昔から気持ちのある榮倉奈々演じるお人好し女。この2人の微妙な関係、じわじわと近づいていく距離感が生むもどかしさが観ている人の様々な思いを作り出す。その過程に、演技力に魅力を感じるので、総合的には良い映画だったという印象でまとまる綺麗な映画ですね。