ザ・コーヴ

ザ・コーヴ

激しい議論を巻き起こした日本のイルカ漁に迫るドキュメンタリー

日本のイルカ漁に実態に迫り、世界中の映画祭で激しい議論を巻き起こしたドキュメンタリー。1960年代に人気TV番組「わんぱくフリッパー」で調教師兼俳優として活躍したリック・オバリーは、和歌山県の太地町で行われているイルカの追い込み漁を知り、イルカ漁中止を訴えて太地町を訪れる。入り江に隠しカメラを設置した撮影隊は、イルカ肉の水銀問題や偽装販売疑惑、さらにイルカ肉を学校給食に使用していたことなどを次々に明らかにしていく。

原題:The Cove / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開日:2010年7月3日 / 上映時間:91分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ザ・コーヴ』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

自分たちが普段関心を持っていないことや無視していることを映像と一緒に突きつけるドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。それらの作品を見たいときは、動画配信サービスでお得に見れないかを検討してみましょう。例えば、ネット配信という特性を活かして、見たいと思ったときにすぐに見れるという利便性があります。また、ウェブサイトにアクセスするだけで確認できるので店に行く手間も省けます。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ザ・コーヴ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ザ・コーヴ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ルイ・シホヨス
脚本:マーク・モンロー

★【キャスト】
ルイ・シホヨス、リック・オバリー、サイモン・ハッチンズ、チャールズ・ハンブルトン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.5/1095%84
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第82回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
世界各国の映画祭で高い評価を受けたドキュメンタリーともなれば、当然、良い作品に違いない。少なくとも今まではそうだった。しかし、それが日本のイルカ漁を題材にしているともなれば、私たちは冷静ではいられなくなる。過去に散々他国の問題点を指摘してきた作品を見てそのとおりだと頷いていた人間が、ひとたび自分に矛先を向けられると顔を真っ赤にして喚き散らす。真実や正確性についていろいろ言うことはあるだろう。
●映画FUN
イルカは大好きな生き物で、日本でも水族館の1、2を争う人気。みんな愛している。でも実は日本のとある地域では食用として食べられてもいる。その実態を描いた作品であり、ドキュメンタリーとして国内外で大きな論争を集めたことでも有名。このイルカ食文化というのは日本国内でもそこまでクローズアップされないし、TV番組で「今日、紹介するのはイルカ肉で~す」なんて言わない。でも、こういう文化があることくらいは知っておくべき。
●DAILYMOTION
日本人が見たくない現実かもしれない。それでも見もせずに全否定している人は論外だ。たいていそういう人間はイルカ漁についてたいして知識もない。無知の反論は一番カッコ悪い。地球またはナショナルジオグラフィックからすぐチョイスしたような映像センス。この映画は、大きなリスクを伴って作られたものであり、その製作に参加したすべての人は、真実を示す勇気と願望のために称賛を受ける必要があります。たとえ論争を呼んだとしても。
●FANDANGONOW
普通の日本人でさえ、自分の国で起こっていることを知らない。この映画は恐怖と陰謀の層を層ごとに広げ、時代遅れに終わる時間を要します。それはサスペンススリラーのように演じるが、現実の生活の中で行われるため、サスペンススリラーよりはるかに効果的である。私は確かに他の人にそれを促進し、原因をサポートするために最善を尽くします。方向は素晴らしいですし、いくつかの水中撮影は、大画面で素晴らしい。