青天の霹靂

青天の霹靂

タイムスリップしたマジシャンのユーモラスな物語

お笑いタレントの劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を初監督で映画化。売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマジシャンの晴夫は、母に捨てられ、父とは絶縁状態。ある日、父の訃報を聞いて絶望した晴夫は、気がつくと40年前の浅草にタイムスリップしていた。そこで若き日の父・正太郎と母・悦子と出会い、スプーン曲げのマジックで人気マジシャンになった晴夫は、父とコンビを組むことに。やがて母の妊娠が発覚し、10カ月後に生まれてくるはずの自分を待つ晴夫は、自身の出生の秘密と向き合うこととなる。

原題:青天の霹靂 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年5月24日 / 上映時間:96分 / 製作会社:東宝映画 / 配給:東宝

★【スタッフ】
監督:劇団ひとり
脚本:劇団ひとり、橋部敦子
撮影:山田康介
音楽:佐藤直紀
主題歌:Mr.Children

★【キャスト】
大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫、入江雅人、柄本佑、前野朋哉、高橋周平、岩井秀人、黒田大輔、中村育二、今井隆文、小村裕次郎

【無料動画】

映画『青天の霹靂』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Paravi(登録月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Paravi

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画FUN (2016年1月10日) 
キャッチコピーのとおり、笑いと一粒の涙の話だった。大泉洋と劇団ひとりの掛け合いも面白いし、後半の涙の出産の場面も全てがちょうど良いテンポとサイズになっているバランスの良さが魅力。和製バックトゥーザフューチャーらしく、自分の過去と対面して成長していく。SF的な映像は抑え目だが、しっかり過去に行った感じを演出している。こんな話を書けて、監督して演技も出来るって天才かよ!って劇団ひとりの才能に嫉妬するくらいの良作です。
BILIBILI (2016年1月16日) 
今や押しも押されもせぬ地位を確立した感のあるピン芸人劇団ひとりが監督・脚本を務め、全編通して出ずっぱりの重要な役柄で大活躍。大泉洋がシニカルに暗い話をしながらカードマジックを披露するファーストシーンが最高にいい。練習したらしいが、この努力といい、才能の塊を見せつけられ、彼の売れない感じが消し飛ぶくらいだった。
PARAVI (2016年2月12日) 
ダメダメな人生を歩む大泉洋が、タイムスリップで自身の人生を知る。大泉洋という俳優の技能をこれでもかと見せつけられる凄さがある。そして、忘れてはならない劇団ひとり。豪華なキャストやCGなどの映像で豪勢に飾り付けなくても、ちゃんと面白い映画は作れることを証明した一作だ。物語にも深く感動した。父の優しい嘘が素敵で、エンドロールに切り替わった瞬間にぶわっと、決壊したダムのような唐突さと激しい勢いで涙が溢れた。