女が眠る時

女が眠る時

ビートたけしら豪華キャストが勢揃い

ベルリン国際映画祭で特別銀熊賞を受賞した「スモーク」などで知られる香港出身のウェイン・ワン監督が、ビートたけしを主演に迎えて挑んだ初の日本映画。一週間の休暇で妻とともに郊外のリゾートホテルを訪れた作家の清水健二。妻とは倦怠期を迎え、作家としてもスランプに陥り就職が決まっていた健二は、ホテルで無気力な時間をすごしていた。そんな健二が目を奪われたのが、初老の男・佐原と若く美しい女・美樹のカップルだった。プールサイドで異様な存在感を放つ佐原と美樹。それ以来、ホテル内で佐原たちを見かけるたびに、健二は2人の後をつけ、佐原の部屋をのぞき見るようになっていくが…。

原題:女が眠る時 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年2月27日 / 上映時間:103分 / 製作会社:C・A・L / 配給:東映

【無料動画】

映画『女が眠る時』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ウェイン・ワン
脚本:マイケル・レイ、シンホ・リー、砂田麻美
撮影:鍋島淳裕

★【キャスト(キャラクター)】
ビートたけし(佐原)、西島秀俊(健二)、忽那汐里(美樹)、小山田サユリ(綾)、リリー・フランキー(飯塚)、新井浩文(石原)、渡辺真起子(恭子)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.7/5.02.61/5.002.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
小説家の想像世界と、ところどころ現実も存在すると思えば、なんとなく腑に落ちる気がした。いろんなものが入り混じって、全て現実と思ってみると、流れは難しいけど、ほとんど小説書くための妄想だったんじゃないかな。最後までを見せないっていうのは、あえて読み手に想像させるのが狙いというベタなやつかもしれないし。怪しげな雰囲気が常に漂っていて、どうしても先が気になってしまう誘引力が作品に漂っているのがとてもいいと思います。
●映画FUN
このキャスティングじゃなきゃ絶対見ないと思ったけど、でも良い作品でした。西島秀俊だとそこまでサイコな感じじゃないけど、眼鏡に映る眠る忽那汐里は異様な存在感を醸しだすし、他のキャストも曇った演技が印象的。ビートたけしを出すのは意外なチョイスで、面白い。話の仕組みに気づいたところで、ただの妄想でしかなく、それが疑問の解決にならない。そういう気持ちにするのが狙いなら、あっぱれとしか言いようのない映画でした。
●BILIBILI
西島秀俊がどうかしている覗き魔なんですが、最終的に視聴者が覗き魔になるような、なんだか変な立場になって居心地の悪い映画です。リリーフランキーの急にストッキングのデニール数について語る気持ち悪さも冷静に面白いし、忽那汐里の白い肌に白いワンピースも謎めいた女っていう印象で私は好きです。全体的に現実なのか妄想なのか曖昧でふわっとした感じですが、それを楽しむ映画なので、そういう鑑賞スタイルに慣れていない人は辛いかも。
●STREAMIN  
不思議な魅力に溢れた映画だった。忽那汐里ちゃんが幼さと大人の境を見事表現していた。リリーフランキーはやっぱり怖かった。バックミュージックがほとんどなく、言葉のないシーンも多く、環境音が耳によく入ってくる。それもまた良かった。考えることを素直に楽しめる映画だと思う。その曖昧さが売りであり、理解できなくてもいいし、理解しようとしなくてもいい。各々の判断を持ち込んでいい。こういう映画もたまにはいいものですよ。