エヴェレスト 神々の山嶺

愛と運命に挑む者たちの物語

第11回柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏による小説「神々の山嶺」を平山秀幸監督のメガホンにより映画化。ヒマラヤ山脈を望むネパールの首都カトマンズで、山岳カメラマンの深町誠が発見した1台の古いカメラ。そのカメラは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーが、1942年6月8日にエベレスト初登頂に成功したのか否かという、登山史上最大の謎を解く可能性を秘めたものだった。カメラの過去を追う深町は、その過程で、かつて天才クライマーと呼ばれながらも、無謀で他人を顧みないやり方のために孤立した伝説のアルピニスト・羽生丈二と出会う。深町は羽生の過去を調べるうちに、羽生という男の生きざまにいつしか飲み込まれていく。

原題:エヴェレスト 神々の山嶺 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年3月12日 / 上映時間:122分 / 製作会社:KADOKAWA、角川大映スタジオ / 配給:東宝、アスミック・エース / 製作費: / 興行収入:12億6000万円

★【スタッフ】
監督:平山秀幸(関連作品:『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』)
脚本:加藤正人
撮影:北信康
音楽:加古隆

★【キャスト】
岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、ツェリン・ロンドゥップ、佐々木蔵之介、山中崇、田中要次

【無料動画】

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』本編映像

(C)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年4月10日) 
山登り映画は普通は安定的で面白い。命綱を自ら切ったり、遺書を遺して山に臨むというのは、死と隣り合わせな自然に立ち向かう姿としてドラマチックで観客の目を楽しませる。今作は実際の本物の山岳で撮影しただけあって、製作陣の本気が見える。しかし、制作スタジオはリアルな環境下での撮影に慣れていない部分もあったのだろう。そこまでそのロケーションが活かされているシーンは乏しいのが残念。そのぶん名優の演技に見とれていこう。
BILIBILI (2016年4月11日) 
調べてみるとこの作品は、小説版と漫画版が大絶賛されている。これは実際の登山界の謎や、昭和の登山界の英雄を元にしたノンフィクションの要素を含んでいてそれが上手くマッチしているからだろう。ところが映画は映像化による不都合のほうが目立っている。男臭くて熱い演出が多いのだが、どれも観客を置いてけぼりにさせる。今振り返ってみると終盤の展開や台詞は、クサすぎて冷静には見られないだろう。完全なオヤジ映画になっている。
DAILYMOTION (2016年4月12日) 
なぜ死のリスクを背負ってまで山に登るのか。それは未知なる場所への興味であり、偉業を成し遂げたいという欲望である。そのスピリットは実際に同じ感情にならなくとも、そういうものなのだろうとは察することはできる。ただ、今作はそれがいきすぎて、根性論になっているのが問題だ。「足が動かなくなったら手で行け、それがダメなら歯で、目で」そんな信念も、時と場所を間違えれば、ただの押しつけがましい説教になってしまうのだから。