コクリコ坂から

コクリコ坂から

宮崎吾朗監督・宮崎駿脚本のタッグで贈るラブストーリー

「なかよし」(講談社刊)に連載された高橋千鶴・佐山哲郎による少女漫画をスタジオジブリが映画化。宮崎駿が企画・脚本、「ゲド戦記」の宮崎吾朗が同作以来5年ぶりに手がける監督第2作。1963年の横浜、港の見える丘にあるコクリコ荘に暮らす16歳の少女・海は毎朝、船乗りの父に教わった信号旗を海に向かって揚げていた。ある日、海は高校の文化部部室の建物、通称「カルチェラタン」の取り壊しに反対する学生たちの運動に巻き込まれ、そこで1学年上の新聞部の少年・俊と出会う。2人は徐々にひかれあっていくが…。

原題:コクリコ坂から / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年7月16日 / 上映時間:91分 / 製作会社:スタジオジブリ / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:44.6億円

★【スタッフ】
監督:宮崎吾朗
脚本:宮崎駿、丹羽圭子
音楽:武部聡志
主題歌:手嶌葵

★【キャスト】
長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、白石晴香、石田ゆり子、小林翼、柊瑠美、風吹ジュン、内藤剛志、大森南朋、風間俊介、香川照之、手嶌葵、冠野智美、桝太一、藤巻直哉、伊藤綾子、村山喜彦、菅谷大介、藤田大介、増岡裕子、蟹江一平、石田圭祐、金沢映子

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第35回日本アカデミー賞でアニメーション作品賞を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画の無料動画で夢心地(2016年1月7日) 
意外にもジブリシリーズの中で最も楽しく観れた作品。生き生きとした学生等を見ていると自分も若返った気持ちになれる。カルチェラタンの魅力に尽きるでしょうね。この時代の情熱は創作性に近いものがあって、ゆえにジブリ的なストーリーと相性がいいのでしょう。また、ロマンスも個人的には気に入っています。二人乗りやコロッケやふとした瞬間の二人の視線が素敵で、これほど繊細で健気な恋愛を丁寧に描いたのはジブリの中でも珍しいです。
BILIBILI (2016年1月9日) 
朝ドラ的なさわやかなストーリーです。宮崎吾郎もこの作品制作時は父の宮崎駿との絶交状態が解消され、一応それなりに気まずくはありますが協力してアニメーション制作にあたっていたようですね。ただし、やはり父の才能は偉大で、作品の方向性に悩んでいた時期にその打開の一手を開いたのは宮崎駿だったことがメイキングでわかります。そんな作品を作る側の二人の方が、作品内の二人の初々しい関係よりもハラハラするのは気のせいでしょうか。
CRUNCHYROLL (2016年1月13日) 
戦争後の質素な生活の中から小さな幸せを紡いでいくような映画。戦争の被害を受けながらも強く明るく生きていく登場人物たちに胸を打たれること間違いなし。舞台は1963年の横浜、桜木町の近くであることが説明的でなく、絵によって表されていく。膨大な資料を調べて時代考証をしたことがよく分かる。バックグラウンドに朝鮮戦争や広島などの戦時要素も盛り込んで、世界観構築能力はお見事。この時代を経験していなくてもノスタルジックになれる。